« 連休のお出かけは雲仙島原と長崎へ その4 ~路面電車に乗って孔子廟他へ | トップページ | 復活の「特別なトワイライトエクスプレス」を下関駅に出迎えに行ってみた »

2015年5月16日 (土)

789系、485系乗り比べ。そして、首尾良く津軽今別駅を探訪できるか…

今春の北陸新幹線金沢開業に続き、来春には北海道新幹線が函館(正確には新函館北斗)まで開業します。

H5

新たに線路を引く区間の他、青函トンネルを含む区間は「新幹線・在来線供用」として3線軌条に整備し直すという特徴があります。

既にH5系を使用した試運転が夜間を中心に行われています(在来線の間合いを使ってしか試運転ができないので苦労されていることと思います)

Route

こういうことを書き始めるということは、昨年と同じ病気が出始めたということ

新幹線開業前の津軽海峡線の様子が見に行きたくなりました。

何とか時間をひねり出した結果、新函館北斗(現渡島大野)は諦めざるを得ないが、木古内と奥津軽いまべつ(現津軽今別)を探訪できるプランが見えてきました。

こんな感じ。

函館
↓122D
木古内
↓白鳥22号
津軽今別
(隣接する津軽二股に移動)
↓336D
蟹田
↓スーパー白鳥24号
青森

乗り継ぎの待ち時間などもいい感じと思ってほくそ笑んだのですが、残念ながら青森よりあとの旅程が厳しい。

諦めるか?単に海峡線に乗るだけにするか?しかし、8月10日から全列車通過となる津軽今別の「今」が気になってしかたがない。

というわけでこの2枚。

Haku20
Haku22

ダイヤの乱れなどなければ、蟹田から津軽今別まで(タクシー飛ばして)戻り、津軽今別停車の白鳥22号に乗り継ごうという計画。

Hakucho

首尾良く行くかはわかりませんが、少なくとも789系と485系の乗り比べくらいは楽しんできます。結果報告は後日。(編成写真はwikipediaより)

#津月今別探訪の記録はここあたりからどうぞ

« 連休のお出かけは雲仙島原と長崎へ その4 ~路面電車に乗って孔子廟他へ | トップページ | 復活の「特別なトワイライトエクスプレス」を下関駅に出迎えに行ってみた »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連休のお出かけは雲仙島原と長崎へ その4 ~路面電車に乗って孔子廟他へ | トップページ | 復活の「特別なトワイライトエクスプレス」を下関駅に出迎えに行ってみた »

無料ブログはココログ