« 北陸新幹線開通前夜の信越本線へ その3 ~柏崎発二本木行の1322Mにて | トップページ | 北陸新幹線開通前夜の信越本線へ その5 ~上越妙高駅開業直前の脇野田駅を探訪 »

2015年3月10日 (火)

北陸新幹線開通前夜の信越本線へ その4 ~二本木でスイッチバック見学

先ほど乗ってきた1322Mは、長岡行きの1331Mとして折り返します。

Img_0104
Img_0105
Img_0107

二本木から新井方面に出発する場合、まずはスイッチバック用の引き込み線に向かって進みます。

前照灯が点いているのでこっちに進んでいるようですが、運転士は写真手前側に乗ったまま、そこから後退の操作をしています。

Img_0108
Img_0109

ポイントが切り替わって、改めて写真左下の新井方面に出発。

ここで一度改札を出て、次の長野行(344M)のスイッチバックをポイント近くで観察。

Img_0114

新井方面からやってきたところ。

Img_0115

わかりにくいですが、一番手前が先ほど上がってきた新井方面からの本線で、列車は、スイッチバックして二本木駅ホームへ向かうところです。走っている線路と、運転士が顔を出して後方を確認しているところからご判断ください。

Img_2179

スイッチバックを堪能して、駅舎に戻ってきました。

Img_2178

きっぷ売り場のところに、「えちごトキめき鉄道」開業に向けてのポスターを発見。うちの娘が描きそうな絵だな、と思ったので(地元で募集したのか、プロに依頼したのかと)帰宅後に検索してみましたが、どなたの作品なのかは分からず。

Img_2190

ワンマン運転をすることもあるよ、との案内です。

Img_2192

柏崎~長野の乗車券を持っていますが、一度脇野田まで戻りますので、券売機できっぷを求めてホームへ。

Img_0125

長野からの「妙高1号」で脇野田へ向かいます。

廃止前最後の週末とあって撮影も乗客もすごい人出。次の新井で後続の「くびき野3号」に乗り替えることも考えましたが、同じ狙いの人がたくさん降りていったので、空いた席に座ることができました。

« 北陸新幹線開通前夜の信越本線へ その3 ~柏崎発二本木行の1322Mにて | トップページ | 北陸新幹線開通前夜の信越本線へ その5 ~上越妙高駅開業直前の脇野田駅を探訪 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北陸新幹線開通前夜の信越本線へ その3 ~柏崎発二本木行の1322Mにて | トップページ | 北陸新幹線開通前夜の信越本線へ その5 ~上越妙高駅開業直前の脇野田駅を探訪 »

無料ブログはココログ