« いのちのたび博物館の特別展「地球からの贈り物~石の美と魅力~」に行ってきた | トップページ | 南小倉~城野をブラブラ »

2015年3月27日 (金)

ジャーマンウィングスの事故?事件?は防げないパターンですねぇ

思いも寄らない航空事故が起こりました。

Img_2390

職場で使っているPCが立ち上がらなくなり、HDDを交換しようと悪戦苦闘していたので、タイムリーに記事を書けませんでしたが(こちらの詳細は後日)、救難信号を発していないことや、ボイスレコーダーの解析結果から、とんでもないことが分かってきました。

機長がコクピットを離れた間に(これはトイレなどでいたしかたない場合があります)、副操縦士が降下の操作をし(オートパイロットの設定を変えたとしたら、偶然触れたということは考えにくい)、機長のドアを叩く音や管制からの呼びかけは一切無視してそのまま墜落。

9.11のテロ事件以来、コクピットへの立ち入りを厳しく制限するルールで運用されており、コクピット内から解錠しないと入れないようになっています。しかし、一人残されたパイロットが墜落にいたる操作をし、それに外から介入できないというのは非常に怖ろしい事態です。意図的な操作がないとしても、残された一人が急に意識を失ったりすれば同様の結果になりかねません。

似たような案件としては、2011年にANA140便(B737-700)が一時「背面飛行」に陥ったのも副操縦士が一人でコクピットにいるときでした(これはドア解錠とラダートリムを誤って操作したもの。詳細はこちらの記事などから)

「コクピット内に常に2人以上いるように」という運用を米国のように既に義務づけている国、今回の件を受けて運用変更を決定した国や航空会社もあるようです。2人目はパイロットでなくCAでも良いようですが、CA業務や人員確保との兼ね合いもあり容易ではないかもしれません。しかし、「中から鍵のかかる部屋に一人でこもっている」状態を是とするわけにはいかないという論調が強まるでしょうね。

Img_2394

鉄道関連の小ネタ。

子供が実家に行くのできっぷを手配しているとe特急券と並んで「EXきっぷ」という商品が出てきました。

2名以上同一行程で
東海道・山陽新幹線駅相互を

利用するのであれば、EX-ICと同じ値段で会員以外も乗れますよ、という商品のようです。たとえ「〇〇市内」の駅であっても在来線にはみ出して乗車できないところもEX-ICと同じ。3月1日から発売になったばかりのようです(公式にはこちら

「2名以上」という縛りからは、EX-ICに慣れた人が、同行者がいる場合にも同様に購入・乗車できるという状況を想定していると思われます。私のように家族に持たせるために購入することもあるでしょう。

もしかしたら、エクスプレス予約で乗車券の購入ができなくなったことに対する罪滅ぼしかもしれませんcoldsweats01 「新幹線は完全に別料金」にしたいJR東海の罠という可能性もcoldsweats02 とはいえ、乗車券も含めて一葉で発券されるので、条件が合えば便利なきっぷではないかと思います。

Img_2380
Img_2385

最後はうちの猫。お世辞にもいい匂いがするとは言えない息子の帽子に顔をすりつけたりして恍惚としておりました。この辺の趣味の違いは理解できませんsmile

|

« いのちのたび博物館の特別展「地球からの贈り物~石の美と魅力~」に行ってきた | トップページ | 南小倉~城野をブラブラ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

猫日記」カテゴリの記事

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いのちのたび博物館の特別展「地球からの贈り物~石の美と魅力~」に行ってきた | トップページ | 南小倉~城野をブラブラ »