« 小倉駅北側のファディと、整備中の道路を探索 | トップページ | 北陸新幹線開通前夜の信越本線へ その2 ~長岡経由で柏崎まで »

2015年3月 8日 (日)

北陸新幹線開通前夜の信越本線へ その1 ~まずは上野東京ライン関連をチラリ

いよいよ今週末は北陸新幹線開業、ということでマスコミの北陸推しも盛り上がっておりますが、そんなときに東京出張の予定が入りました。

「北陸新幹線と上野東京ラインの開業後にしてくれよ」というのが本音ですが、それならば、と、開業直前の雰囲気を味わいに行ってみることに。特に、昨年10月に、新たに上越妙高駅となる場所に移転した脇野田駅の状況とか気になりますので…

東京と北陸を結ぶルートは普段縁がないのに、昨年夏から数えて3回目の訪問になります。しかも毎回ルートを変えて… これも北陸新幹線開業効果のひとつですな

#以下、一連の記事は3/7-8にかけてのことですので、ダイヤ改正までにイロイロと作業が進み、現状に変化があると思われます

Img_2072

いつもどおり、北九州空港から。JALのカウンターの隣に、FDAのカウンターが準備されていました。コードシェアするJALにお任せとばかり思っていたので、こういう対応にはFDAの本気を感じます。「中の人」がどうなるかは3月29日以降に。

Img_2074

搭乗便はJA23MC。金帯のきちんと入ってないレドームになってから相当経っているように思います。まさかコストダウンのためにこのままってことはないですよね?

Img_2080

私は窓側のA席に座りましたが、通路側のC席に「使用禁止」のタグが。

何があったのかは不明ですが、前方のシートテレビが消えていたので、こちらのトラブルかもしれません。シートの不具合でなければ満席のときは了解を得て座らせるかもしれませんが、安全ビデオが流れないようだと個別対応が必要になりそうです。

おかげで?3列シートに一人という快適な移動になりました。

Img_2085

フライトはほとんど雲の上。

Img_2087

降下中に、富士山のてっぺんのほうだけ見えました。

Img_2091

羽田に着きまして、本日の所用を済ませる前に品川駅に立ち寄り。

常磐特急が品川まで乗り入れるので、その宣伝に余念がありません。まだマトモに方面表示のない、9番10番ホームが折り返しに使用される予定。

Img_2093

エスカレーターが動いていないのに戸惑いましたが、ホームへ降りること自体は制限がなかったのでお邪魔してみました。見事にガランとしていますが、同好者や親子連れが数名

発車案内は稼働していて、1時間以上後の時刻で「回送」表示。試運転かもしれませんが、予定に間に合いませんので立ち去りました。

Img_2095

駅名標には、隣接駅が新橋のみ記載。

上野東京ラインの折り返し専用、って理解しました。

個人的には利用経験がありませんが、「臨時ホーム」として使用されていた頃は東京(新橋)方面には出発できなかったという記述を見たことがあります。時代は変わるものです… しかし、ここに折り返しに使用できるホームがあったのは、上野東京ラインの戦略を考える上では有利に働きましたね。

Img_2100

このあと、所用を済ませまして夕刻の東京駅へ。

ペンギン好きの息子氏のリクエストで「ペンスタ」に立ち寄り。

Img_2101

北陸新幹線開業と、東京駅開業100周年で、お祝いムードが華やかな構内。北陸フェアとか、限定メニュー展開してる店舗が目立ちます。

Img_2104

東海道線ホームは、夕ラッシュということもあり、上野東京ラインの試運転が行われている様子はありませんでした。駅名標は、シールを剥がせば「上野」が出てくるように準備済みと思われます。

この日のうちに東京を離れることにします。

« 小倉駅北側のファディと、整備中の道路を探索 | トップページ | 北陸新幹線開通前夜の信越本線へ その2 ~長岡経由で柏崎まで »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小倉駅北側のファディと、整備中の道路を探索 | トップページ | 北陸新幹線開通前夜の信越本線へ その2 ~長岡経由で柏崎まで »

無料ブログはココログ