« 3月14日改正後の時刻表を眺めてみました | トップページ | 小倉駅北側のファディと、整備中の道路を探索 »

2015年3月 1日 (日)

西大路~丹波口の短絡線廃止などJR西日本のリリースから

3月になりました。

新芽が伸び始めたところなどに春を感じることもありますが、まだ寒さがあります。

Img_0073

今朝も雨の庭にヒヨドリがやってきて、落ちた葉をついばんでいました。まだ山には食べるものがないようです。彼らにとってはここが正念場か。

さて、先日JR西日本の出したこのリリースに驚きました。

嵯峨野線 京都~丹波口駅間新駅設置に関する事業基本計画の変更認可申請ならびに東海道線(梅小路~丹波口間)の廃止届出書の提出について

新駅設置に関するこちらのリリースと合わせて見てください。

Shiokoji

梅小路公園に水族館に続いて鉄道博物館が整備されることなどをうけ、山陰線(嵯峨野線)と七条通りが交差するあたりに新駅が設置されることが決まりました。完成は2019年春を見込んでいます。

驚いたのは、これに伴って西大路駅~梅小路の貨物駅の北側~丹波口駅を結ぶ東海道線と山陰線の短絡線(矢印)が廃止されること。以前ここを通って大阪~亀岡方面を直通する快速列車が設定されていたこともありますが、最近は貨物も含め営業列車は運転されていなかったようです。

Shichijo

新駅設置予定位置あたりをgoogle mapの航空写真から。

山陰線の上下線の間に島式ホームを挟むのなら、短絡線(矢印)を残しても大丈夫そうです。本線に繋がる位置が現在より手前になり、駅と重なるかもしれませんが。

しかし、リリースによると設置予定の駅ホームは相対式。そうなると短絡線は北か南に大きくずらさないと接続できません。既存の施設への影響を避けつつ新駅を設置するには、新駅は相対式とし、そのかわりに短絡線を廃止するしかないという結論に達したのでしょうか?廃止した線路用地が資金源になるという思惑もある?

JRが不要というなら廃止もいたしかたありませんが、こういう「怪しい線路」がなくなるのは寂しいですね。

Keitai_350

次は、3月27日から山陽新幹線の新山口以東で、トンネル内でも携帯電話が使えるようになるというリリース

小倉~博多は今年中に使えるようになるという情報とセット。

残される「新山口~小倉」が私にとっては重要な区間なんですが…

輸送量としては最も少なくなる区間なので、小倉~博多を優先されても仕方ないですね。

最後は、車内販売に関するリリース。

東海道・山陽新幹線の車内販売で「交通系電子マネー」がご利用いただけます!

ダイヤ改正に合わせてから3/14から車内販売の決済に全国相互利用に対応した交通系ICカードが使えます(PiTaPaが入っていませんが、もともと電子マネーとしては相互利用の枠に入ってないようです)

特に、東海道新幹線の旅客数を考えると遅きに失した感じもありますが、JR東海がICカードに熱心であったとは言えないのが理由でしょうか?

« 3月14日改正後の時刻表を眺めてみました | トップページ | 小倉駅北側のファディと、整備中の道路を探索 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月14日改正後の時刻表を眺めてみました | トップページ | 小倉駅北側のファディと、整備中の道路を探索 »

無料ブログはココログ