« 北九州モノレールの記念乗車券を使いつつ、JR城野駅の近況を見てきた | トップページ | 「置くだけ、かけるだけで虫よけ」商品に消費者庁が是正命令 »

2015年2月22日 (日)

北九州モノレール企救丘駅で出庫作業を見る

北九州モノレールは南側の終点の企救丘駅の隣(先)に車両基地があります。

一つ前の記事の続きで企救丘駅探訪の話題を。

Img_1981

入り口は他のモノレール駅と特に変わるところはありません。

Img_1986

折り返しは企救丘駅を出たところ(志井駅より)にあるポイントを使って行われています。

Img_1999

ホームは対向式で2面2線ありますが、ほとんどの列車は、この写真の1番線で折り返していきます。

乗客案内の都合と、エスカレーターを1番線にのみ設置したことが理由でしょうが、そもそもなぜ小倉・平和通のように島式の1面2線にしなかったのかはわかりません。

Img_1983

2番線を使用しない時間帯には階段とエレベーターに「通行止」の標示が。強制力には乏しいですが

Timetable

普段10分間隔が6分間隔になる「ラッシュ時ダイヤ」は2パターンあって、一つは平日朝、もう一つが土日の午後。後者は競馬場輸送が理由というのが面白いです(競馬場前駅も後日紹介します)

土日の15時台には、増発に必要な車両が車両基地から送り込まれますので、今回はそれを見たかった次第。

Img_2006
Img_0048

15:32発の列車が出て行くと、2番線の表示が「先発 小倉行き」になりましたので、あわててホームを移動。

階段の「通行止」はちゃんとはずしてありました

すぐに、出庫線で待機していた編成が2番線に進入。

Img_2008
Img_0055

小倉からの列車が1番線に着いてまもなく、先ほど出庫してきた「北九州市立大学」編成が出発していきました。

Img_0051
Img_0052

次の出庫と思われる「井筒屋」編成が動き始めました。

Img_0053
Img_0054

グルッと回っていきます。下の写真奥に見えるところから、回りながら登って駅に繋がるようになっています。

残念ながらここで「しばらくここから出る列車はありませんので」と駅員から待避を促されたので、再び1番線へ。

Img_2009

「銀河鉄道999」編成も動き始たので慌てて撮影。

Img_0058
Img_0059

今度は1番線に入線です

雨模様になってきたので、もう1編成の投入は待たずに、企救丘駅をあとにしました。

帰宅後、OuDiaで作成したダイヤと実際の運用を照らし合わせると、企救丘発15:38, 15:56, 16:08の3が車両基地からの出庫。2番線を使うのは折り返しの時間が確保できない15:38発の1本だけの様子です。

便数が減っていくときにも、入庫する編成が2番線に入る運用があるように見えます。次の機会に狙ってみるかな。

« 北九州モノレールの記念乗車券を使いつつ、JR城野駅の近況を見てきた | トップページ | 「置くだけ、かけるだけで虫よけ」商品に消費者庁が是正命令 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北九州モノレールの記念乗車券を使いつつ、JR城野駅の近況を見てきた | トップページ | 「置くだけ、かけるだけで虫よけ」商品に消費者庁が是正命令 »

無料ブログはココログ