« 朝から洗濯機の異音騒ぎが | トップページ | 北九州モノレール企救丘駅で出庫作業を見る »

2015年2月21日 (土)

北九州モノレールの記念乗車券を使いつつ、JR城野駅の近況を見てきた

先日購入した、北九州モノレールの「開業30周年記念乗車券」

Img_1918

有効期限は3月末ですので、今のうちに使うことにしました。

全13駅のうち、よく使うのは数駅ですので、乗り降り自由なきっぷを使って、普段乗降しない駅も一通り利用してみようというのが主目的。

その結果は後日まとめてアップしますので、今日のところはまず表題の内容を紹介します。

Img_1957

モノレールの城野駅で下車。

駅構造にも特徴があるのですがそれは別の記事で。

Img_1959

北九州モノレールとJR九州の双方に「城野」駅がありますが、徒歩10分はかかりそうなくらい離れています。

モノレールを降りたら、駅北側からダイエー城野店を目指すのが最短距離でしょうが、せっかくなので、先日利用可能になった「南口」のほうへ回ってみることにします。(新しい城野駅については以前のこの記事も参照ください。変化が比較可能な写真もあります)

Img_1960

ちょっと遠回りですが、一つ上の写真を撮ったあと、ごく短い距離だけ幅広の道路が作られている「下城野一丁目」交差点を東へ。

Img_1961

こちらは国道322号線の旧道。以前は西鉄北方線が走っていたところです。モノレールは北方線を代替するようなルートを走っており、北方線はモノレール工事のために先んじて廃止になりました。最近ここにも自転車レーンが整備されています。

Img_1962

この写真の手前側は中途半端な区間ながら広い道路が開通していて、先ほどの写真のところまで繋がる計画になっています。立ち退きは進んでいますがまだ時間はかかりそう。

Img_1966

城野駅南口までやってきました。駅前広場はまだまだ工事中。

Img_1967

南口の階段を上がったところから見ると、車寄せなどのデザインが何となく分かります。

Img_1971

自由通路から駅北側を見ると、再開発地区の整地と、病院建設が進んでいます。白いコンクリートはペデストリアンデッキの橋脚か階段か?

Img_1969

一つ前の写真の手前側は駐輪場でしたが、駅東側の○のところに移動しています。「仮」とあったので、最終的にはまた移動するのでしょう。ちょっと遠いですしね。

Img_1972

前に来たときと比べて、北東角のこの部分に出入り口と思われる階段が増えました(現在工事中)。現在使用できる階段に「西口」とありますから、ここは「東口」か。

駅舎1階部分にはまだ店舗は入っていません。

Img_1973

ホームから、南口階段の西側(車寄せの反対側)の工事現場を見たところ。こちらも駐輪場になる予定。

Img_1976

このあとは日田彦山線に乗る予定なので、ICカードで入場せずに、きっぷを忘れずに買わないといけません。

Img_1979

2駅乗って、志井公園駅に到着。

駅名標には近隣のアドベンチャープールのほか、さりげなくモノレールも描かれていますね。

Img_1980

天気予報より早く降り出した雨を恨めしく思いながら、モノレールの終点である企救丘駅に向かいます。

写真は企救丘駅と車両基地を結ぶレール。高い位置に一本だけ軌道が走っていて、なかなか不思議な光景です。

« 朝から洗濯機の異音騒ぎが | トップページ | 北九州モノレール企救丘駅で出庫作業を見る »

航空・鉄道」カテゴリの記事

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝から洗濯機の異音騒ぎが | トップページ | 北九州モノレール企救丘駅で出庫作業を見る »

無料ブログはココログ