« 護衛艦(イージス艦)「みょうこう」の一般公開@下関 | トップページ | 真実でないことを書く罪と、それを拡散する罪と… »

2015年2月11日 (水)

アトラス航空の馬匹輸送チャーター@北九州空港

以前より月1-2回のペースで北九州空港への馬匹輸送便(ホースチャーター)が飛来しています。カナダなどから食肉用の子馬を輸入するのですが、貨物機で北九州空港に到着すると近くの門司税関で検疫、そして阿蘇などで放牧される(そのあとは…)というルートが確立しています。

平日(しかも容易に抜けられない水曜日)に行われることが多く、偶然夏休みと重なったときに一度だけ撮影できました。(こちらの記事)

北九州空港のfacebookページによると、今月は火曜日に飛来するとのこと。時々ぽっこり仕事が抜けることがある火曜日ですので、運良く撮影に行くことができました。

Img_1803

急遽思い立って仕事サボったってことでしょ?

影響少ない日を選んで年休とったので許してくださいよ

Img_1819

FR24で到着予測を見ながらターミナルビルに着くと、エスカレーター横にFDAの就航予告が。JALとコードシェアしますし、便数も少ないから、搭乗手続き等はJALに委託でしょうか。個人的にはFDAのカラフルなカウンターができて欲しいですが。

本題に戻りますと、今回のホースチャーターはカルガリー発の5Y5207。アトラス航空のB747-400Fです(Reg. N415MC)

Img_9879

西風で滑走路に対して真横に近く、着陸方向が読めないので、到着の撮影はターミナルから。

Img_9885

R/W 36でしたので、着陸の瞬間が無事撮影できました。

Img_9897

スポットへ戻ってくるところを撮ってからスポット横へ。

Img_1826

いつもの0番スポット。ここにB747-8Fが来るのはいつの日か。

747の貨物機の特徴といえばノーズカーゴドア。NCAは毎週のように来ますが基本開けない(初回のときはお披露目に開けて見せたようですが)。前回撮影した大韓航空機は旅客機からの改修版でノーズドアなし。

さて、今回は…

Img_1827

後ろのカーゴドアが開いたあと、音もなく(エンジン音があるのでドア作動音は分かりません)ノーズの下に線が入り始めたのに気づいて慌てて撮影開始。

Open

上の写真はG7Xで撮影した動画から切り出したもの。

ノーズドアが徐々に開いていく様子を堪能できました。動画の撮影時間を見ると、全て開くのには1分以上かかる様子。

Img_1832

パカッ

Img_9932

ノーズドアにはすぐにリフトが着かず、まずは後ろのカーゴドアから荷下ろし開始。

Img_9919

コンテナ(木箱)の中身が馬と分かる写真を。

Img_1839

こちらは積荷を受け取るトラック。

コンテナはその場で解体して、馬だけ荷台に追い込まれていました。

Img_9909

ノーズドアからの荷役が気になりますが、出発も撮りたいので一度離れて昼食へ。

Img_9990

出発を撮るならやっぱり格納庫横でしょ、ということで移動。

Img_9995

予定時刻を過ぎ、カーゴドアは全て閉まったものの出発しない。しばらく待っていましたが、次の予定もあり時間切れ。

待機中、いつものSFJ・JALと、近くのフェンスに寄ってきたジョウビタキを撮影して終わりました。

離陸は18時過ぎだったようで、結果的には無理して待たずに正解でした。

« 護衛艦(イージス艦)「みょうこう」の一般公開@下関 | トップページ | 真実でないことを書く罪と、それを拡散する罪と… »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 護衛艦(イージス艦)「みょうこう」の一般公開@下関 | トップページ | 真実でないことを書く罪と、それを拡散する罪と… »

無料ブログはココログ