« 寒風吹くセントレア経由で帰宅の巻2 | トップページ | クリスマスイブらしく、もう一回小倉のイルミネーションを紹介してみる(G7X撮影版) »

2014年12月22日 (月)

寒風吹くセントレア経由で帰宅の巻3

前の記事では、セントレアで撮影した写真を、国際線を中心に紹介しました。

あまりに寒いので、搭乗便の到着を待たずに展望デッキから退散。

Img_1290

去り際の1枚。残念ながらフェンスと重なってしまいましたが、国内線はこんなふうにかなり手前で上がります。

Img_1295

この日の搭乗便(SFJ33)は、前回に続いてJA23MC。

Img_1299

座席は16A。ちょうど翼の後ろの端あたりで、エルロンやフラップの動きがよく見えます。

Img_1296

プッシュバック開始。

Img_1301

セントレアの管制塔が見えたので1枚。

Img_1302

見送るグランドの方も寒そうです(特に右端)

Img_1303

先ほど撮影していた、展望デッキの先端を尻目にタキシング。

Img_1304

セントレアらしいものを見つけました。

ドリームリフターオペレーションセンターという建物。

Img_1312

地上は強い風でしたが、上空は特に揺れることもなく、快適なフライト。

福岡も北風で、visual 34。

Img_1313

ファイナルターンして滑走路へ。

何度か眼にしている光景ではありますが、電子機器規制もあり、撮影できたのは初めてのことです。

Img_1315

着陸のためフラップを出した状態でスポイラーが立つと、隙間ができて地面が見える、ということは、考えれば当たり前のことなんですが、新鮮な経験でした。

Img_1316

見慣れた光景のスポットへ到着しました。

« 寒風吹くセントレア経由で帰宅の巻2 | トップページ | クリスマスイブらしく、もう一回小倉のイルミネーションを紹介してみる(G7X撮影版) »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒風吹くセントレア経由で帰宅の巻2 | トップページ | クリスマスイブらしく、もう一回小倉のイルミネーションを紹介してみる(G7X撮影版) »

無料ブログはココログ