« 子供達を実家に送り出して… リモコンのチェックにデジカメが役に立った話 | トップページ | 関門海峡導灯巡り(その1?) »

2014年12月29日 (月)

砂津大橋の工事の影響で、「砂津導灯」が移設

工事中の砂津大橋。ちょっと変化があったので取材に。
(写真は全てスマホです)

Kimg2046

橋自体の姿は特に変わりないようです。

Kimg2043

西側(小倉駅側)の取り付け部分の工事が少し進んだなと思っていたら、ここに地味ですが大きな変化が。

Rear

中央部分にあった灯台(砂津導灯・後灯)が取り壊し中で、前方に仮設の導灯が作られています。

Rear_350

こちらのブログに、在りし日の姿がありました。数日前に通ったときは、足場はかかっているものの上部も残っていたので、一歩遅かったかと残念な気持ち。

海上保安庁のサイトよれば、移設のために、来年3月中旬まで仮設で運用(示す方向は変わらない)とのことですので、その頃までには橋の取り付け部分の道路工事も進むのではないかと思います。

Doutou

導灯っていうのは、2つの明かりが重なるように進むと決まった進路がとれるという特殊な灯台です。関門海峡には他にもいくつか設置されており、道路や列車から見えるものもあります。

Kimg2044

上で紹介した導灯は「後灯」ですので、「前灯」もあります。

Front_350_2

上の写真の真ん中あたり。オイルタンクの並ぶエリアの一角にあるので、陸上から近づくのは困難な場所です。

Kimg2047

東側の取り付け道路ができるあたりも立ち退きが進みましたが、ここはまだ住んでいらっしゃいますね…

Kimg2049

もう1箇所、ついでに立ち寄ったのが、AIM北側の西鉄バス車庫の跡地。

Kimg2051

建物は既になくなり、敷地の一部(道路寄り)で整地が始まっていました。写っている道路を西側に移動して、サッカースタジアムの敷地を確保することになっています。

« 子供達を実家に送り出して… リモコンのチェックにデジカメが役に立った話 | トップページ | 関門海峡導灯巡り(その1?) »

小倉駅あたり」カテゴリの記事

猫日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供達を実家に送り出して… リモコンのチェックにデジカメが役に立った話 | トップページ | 関門海峡導灯巡り(その1?) »

無料ブログはココログ