« クリスマスイブらしく、もう一回小倉のイルミネーションを紹介してみる(G7X撮影版) | トップページ | 子供達を実家に送り出して… リモコンのチェックにデジカメが役に立った話 »

2014年12月25日 (木)

海響館に行ったら「ワカちゃん」が丸々と肥えていた件

クリスマスイブの昨日、新幹線の検査車両「ドクターイエロー」が窓にクリスマスの飾り付けをして走り、停車した駅で子供にプレゼントを配っていったという情報がネット上を駆け巡っております。なんかほっこりしました。

さて、先日、妻のリクエストで下関の「海響館」に行ってきました。

Img_1352

入場後、エスカレーターで館内を上がっていくのですが、一般的なステップのあるエスカレーターではなく、ゴム製の「動く歩道」を斜めにしたものなので、足首の悪い人には辛いのではないかと心配になります。

Img_1353

関門海峡と同じ目線で見られる水槽がお出迎え。

Img_1358

今回も主目的は、昨年春に当地の若松の海岸で保護されたゴマフアザラシ「ワカちゃん」の近況観察。

これまでのワカちゃんに関しては前の記事前の前の記事を参考にしてください。

さて、どれがワカちゃんか?

公開直後のような「引きこもり生活」ではなくなっているのは分かりましたが、そうなると逆にどれがワカちゃんなのかわかりにくいです。エサやりの時間まで待ちます。

Img_1365

エサやりの際のお披露目で、観客側のガラスにピタッとくっつく芸を披露。

左からワカちゃん、タケルくん、タケルのお母さんのマルです。

「小さいな」と思った昨年とは見違えて、同い年のタケルより丸々としています。

Img_1367

こんな芸も披露。

Img_1369

芸達者という点ではタケルのほうが上です。

Img_1373

エサやり後、お腹がいっぱいになったのか、マルは頭を水中に沈めてウトウト。時折鼻だけ出して息継ぎ。

Img_1377

最後はペンギンの展示に。

Img_1378

子供達が「香箱」と言って喜んでいたこのポーズ。

Img_1387

うちの猫がやるとこんな感じです。

Img_1379

キングペンギンの足元を見ると…

Img_1380

「かかと立ち」していました。

調べてみると、どうやら冷たい氷に接する面積を最小にするために、このような立ち方を身につけているようです。氷の上でなくてもやってしまうのですね。

Img_1384

最後は、水族館を出たところにある「顔ハメ」がリバーシブルなことに気づいたので紹介しておきます。

« クリスマスイブらしく、もう一回小倉のイルミネーションを紹介してみる(G7X撮影版) | トップページ | 子供達を実家に送り出して… リモコンのチェックにデジカメが役に立った話 »

子どもとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスイブらしく、もう一回小倉のイルミネーションを紹介してみる(G7X撮影版) | トップページ | 子供達を実家に送り出して… リモコンのチェックにデジカメが役に立った話 »

無料ブログはココログ