« 寒風吹くセントレア経由で帰宅の巻3 | トップページ | 海響館に行ったら「ワカちゃん」が丸々と肥えていた件 »

2014年12月24日 (水)

クリスマスイブらしく、もう一回小倉のイルミネーションを紹介してみる(G7X撮影版)

今更いうまでもなくクリスマスイブ。

12月23日が祝日になったことで、「分散開催」の傾向なのでしょうか、我が家も昨日それらしいディナーやケーキが出ました。今日は普通の晩ご飯。

Santa

老舗のNORADのほか、googleやflightradar24も今夜は「サンタ追跡」をやっています。

さて、撮影は今日ではありませんが、Powershot G7Xで小倉のイルミネーションを撮り直してきましたので紹介します(スマホ撮影版は過去のこの記事で)

Img_1128

紫川河口から製鉄所の明かりを望む。

Img_1135

勝山橋から、鴎外橋と河畔の店の明かり。

Img_1138

リバーウォークの中のクリスマスツリー。

Img_1143

「きらぽっぽ」が待機していましたが、あなた、ふだんは平尾台で「きたぽっぽ」として働いていません?

Img_1148

鴎外橋の光のアーチ。

Img_1152

井筒屋本館・新館の間から。奥には小倉城。

Img_1153

イルミネーションとは関係ないですが、小倉駅から魚町方面に向かうペデストリアンデッキは工事のため閉鎖中。エスカレーターを撤去しているので、更新するのか、エレベーターも付いたりするのか。

Img_1156

小倉駅南口(小倉城口)のイルミネーションとモノレール(コカコーラ仕様)。

Img_1161

小倉駅構内のクリスマスツリーとモノレール(福岡銀行仕様)。

改めて前の記事と写真を比べてみましたが、確かにG7Xのほうが忠実で、pixel by pixelの画像を比べると歴然とした差があります。

しかし、こういうイルミネーションの写真の場合、スマホ写真には思わぬ効用がありました。

Light

前に掲載した写真の一部ですが、点光源がにじむのとか、ハレーションを生じるのが、「場合によっては」効果的ですね。

Light2

これが、「電光掲示板を撮ったら滲んでしまう」だとめっちゃ腹立ちますが

なんとかとハサミは使いようですな。

« 寒風吹くセントレア経由で帰宅の巻3 | トップページ | 海響館に行ったら「ワカちゃん」が丸々と肥えていた件 »

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒風吹くセントレア経由で帰宅の巻3 | トップページ | 海響館に行ったら「ワカちゃん」が丸々と肥えていた件 »

無料ブログはココログ