« モグラ駅経由日本海へ6 ~高岡から「痛車」で氷見へ | トップページ | モグラ駅経由日本海へ8 ~空港バスに乗り遅れそうになりながら富山空港へ »

2014年11月 9日 (日)

モグラ駅経由日本海へ7 ~無駄と知りつつ雨晴海岸へ

氷見で一泊して翌朝。

Img_0733

街中で見かけたこの方は、富山県警のマスコット「立山くん」ですな。

Img_0735

途中思いっきり「物乞い」されて若干ブルーになりつつ氷見駅へ。(下の写真の、線路の尽きた先から写真撮ろうとしてたら声かけられたので慌てて立ち去りましたよぅ

Img_0736

氷見線の終点で、線路はここで途切れています。

Img_0737

もともと両面運用されていたようですが、今は右側の出発信号は使用停止されており、左に見える留置線も途切れているようです。実質的には棒線駅。

Img_8932

氷見8:45発の528Dを待っていると、やってきたのは、昨夜乗ったのと同じ痛車編成(あみたん列車)

曇り空で、立山を望むのが難しいのは分かっていますが、せっかく来たので雨晴海岸に足を向けてみることにしました。

Img_8935

雨晴で交換したのは、「忍者ハットリくん」の描かれた車両。

藤子不二雄A先生が氷見市の出身なんですね。

Img_0744

改札を出て、来た方向に少し戻ると、海岸に出られる道路と踏切があります。

駅前の案内看板通り、5分もあれば海岸に着きますので、次の列車までの30分ほどで散策。

Img_0745

この日の景色はこんなもの。立山連峰は見えませんでした。海が綺麗なので、立山が見えなくても立ち寄る値打ちはあるかと思います。

散歩中の地元の方に聞くと、(晴天のときは)右側の木の生えた小島の先あたりに立山が見える、基本的にこの時期はダメで、1-2月がベスト、とのことでした。「わざわざ遠くから来るほどのことはない」と謙遜されていましたが

Img_0743

駅舎に隣接する駐車場に、ベストショットのパネルがありましたので、これで納得することにします。

Img_0749

委託の?駅員さんから高岡までのきっぷを購入してホームへ。

Img_0750

雨晴9:23発の530Dは、先ほど交換した列車の折り返しで、ハットリくん車両。

Img_0751

雨晴から次の越中国分までの間が、海岸線沿いを走る絶景の区間。この日はちょっと残念でしたが…

« モグラ駅経由日本海へ6 ~高岡から「痛車」で氷見へ | トップページ | モグラ駅経由日本海へ8 ~空港バスに乗り遅れそうになりながら富山空港へ »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モグラ駅経由日本海へ6 ~高岡から「痛車」で氷見へ | トップページ | モグラ駅経由日本海へ8 ~空港バスに乗り遅れそうになりながら富山空港へ »

無料ブログはココログ