« 西小倉駅跨線橋から | トップページ | 今日の庭10/24 »

2014年10月23日 (木)

テレビリモコンのボタンって、案外統一されていないんですね

航空業界の冬ダイヤ移行まであと3日となりました。

Img_8874

ちょうどそんな折、「2014年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」において、スターフライヤー(SFJ)が「国内長距離交通」で第1位の評価を得たと発表がありました。同カテゴリーで5年連続、国内航空では6年連続ということで、SFJのコンセプトが評価されているようで素直にうれしいです(これが経営指標にすんなり繋がるとは限らないのが難しいところですが)。

今回のダイヤ改正で、SFJは山口宇部空港就航が目玉になりますが、この調査結果が知名度向上にも繋がればと思います。

山口に住む我が両親も「7000円の航空券が買えた」とのことで早速東京からの帰りに利用するようです。一抹の不安は、「SFJのカウンターはどこか?」と電話で妻に聞いていたこと。妻も妻で、第1ターミナルのカウンターを想像して「端っこですよ」と答えたそう。第1ターミナルと明言してないのが救いですが…

Img_8496

趣味的には、山口宇部空港進入時に、JALのB737-800のように、RNP-ARアプローチを使うかどうかが気になります。特に東側からの進入は時間短縮にも効果的なので、SFJも活用して欲しいです。JA04MCが退役して、初期の機材がいなくなりましたから、対応していないかなと期待。

さて、さきほどのこと。

テレビの音量を上げてもらおうと娘に頼んだら、チャンネルを変えてしまいました。そのあとで娘曰く、「これじゃボタンが同じだから間違うよね」と。

20141023_220859

あーなるほど。間違ったのは左のリモコンですが、音量もチャンネル変更も「+、-」の表示ですから、文字をよく見ないと間違えますね。

右はPanasonicのテレビリモコン。チャンネルは「< >」の表示で一見して区別しやすい。

20141023_222220

東芝の新旧レコーダーのリモコンも、Panasonicと同様のデザイン。

20141023_222314

今回のテレビ買い換えでお蔵入りとなった、DXブロードテックのリモコンを見ると、色分けはしてありますが、音量もチャンネルも△▽マーク。

Panasonicと東芝のスタイルが業界標準として確立しているのかと思っていましたが、よく見るとメーカーごとに異なるのですね。少々間違おうが、決してクリティカルなボタンではありませんから、無理して統一する必要はないのかもしれませんが、ソニーには苦情が行ってないのかなぁと、ちょっと気になりました。

20141020_201728

まぁどうでもいい話かと思いながらここまで書いたところで、「ユニバーサルデザイン」(特に視覚障害者に対する配慮)的にはどうなのかと気になって、実物や写真を見比べ。

SONY, Pana, DXは、「チャンネル番号が増える側」に突起。
東芝は2機種とも「音量が増す側」に突起あり。

あーこりゃダメだわ。

視覚的なデザインの標準規格+触覚で電源・チャンネル・音量くらいは区別できるボタン設計が必要だと言いたくなりました。

« 西小倉駅跨線橋から | トップページ | 今日の庭10/24 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西小倉駅跨線橋から | トップページ | 今日の庭10/24 »

無料ブログはココログ