« 今日の庭10/5、猫の寝床も冬仕様に | トップページ | PowerShot G7Xのスマホ連携を試してみた »

2014年10月 7日 (火)

信越本線脇野田駅は、新幹線開業に先行して10/19に新駅へ

先日の鉄ヲタ道中で、北陸新幹線開業に合わせて、新幹線駅(上越妙高駅)と一体化する脇野田駅を探訪しました(先日の記事)。

若干の事実誤認がありましたので訂正を兼ねて追加情報。

まずはこちらのリリース(PDF)からの抜粋。

Wakinoda

10月18日の深夜から切替え工事を行い、19日には新駅での営業になるとのこと。そのための一部運休、バス代行のお知らせです。

次の写真の元ネタをいただいた記事によると、6月末にはリリースが出ていますので、私が訪ねた8月下旬には決まっていたわけです。駅に掲示あったかな?気づかなかったのなら不覚!

Wakinoda2

新幹線側には既に大きく「上越妙高駅」と出ているので全く思い当たりませんでしたが、在来線側の新駅には「脇野田」の駅名標が付いているとのこと。

この位置に行けなかった(新線側の道路がまだ通れなかったので、次の列車に乗り遅れないようにグルッと一周するのは無理と判断した)ので気づきませんでした。

Wakinoda3

これは先日の記事に載せた写真の再掲ですが、10月開業ということであれば、架線や踏切が整備された新駅の姿や、現駅に迫る重機の姿も納得がいくのでした。

在来線を先行移設→旧駅撤去→駅前広場やアクセス道路の整備→来年3月の新幹線開業を迎えるという流れのようです。

今まで、北陸新幹線開業と同時に在来線も移設して、上越妙高駅としてデビュー、という前提で考えていました。新幹線開業後は脇野田駅の名前が消えるだけでなく、第3セクターでの運営になりますから、在来線移設工事の建設主体や費用負担はどうなっているのか、よそ者ながら不思議に思っていたのです。

先行して移設されるのであればとりあえずはJR東日本の工事として施工できますから、上手く考えたな、というのが素直な感想です(調べてみると、費用面でのJRとの協議の結果は、新線への移設費用は地元上越市の負担、旧線の撤去は第3セクターの負担、ということのようです)

…訪問前に見たときよりwikipediaの記述が詳しくなっているなぁ。移設が近づいてどなたか編集されたのか?

書き終わって一息ついていると、北陸新幹線開業後に福井~金沢に設定される特急の愛称が「ダイナスター」と発表されていました。車両はサンダーバードと同じ。

福井の恐竜に引っかけてのネーミングは狙いすぎな感じもしますが、よく考えればサンダーバードもたいがいなので、まぁいいか

« 今日の庭10/5、猫の寝床も冬仕様に | トップページ | PowerShot G7Xのスマホ連携を試してみた »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の庭10/5、猫の寝床も冬仕様に | トップページ | PowerShot G7Xのスマホ連携を試してみた »

無料ブログはココログ