« 鉄分補給の旅9 ~直江津からトンネル駅の筒石へ | トップページ | 鉄分補給の旅11 ~糸魚川からは「はくたか」で富山へ »

2014年9月 9日 (火)

鉄分補給の旅10 ~筒石から夕暮れの糸魚川へ

地上にたどり着いたので、改めて上から順に駅を紹介します。

Img_7576

トンネルから標高で40m上にある筒石の駅舎。もともと海沿いの集落のところに駅がありましたが、度重なる土砂災害で、トンネルを掘って山側にルート変更することが決定。筒石のところは長い頸城トンネルで抜けることになったために、このようなトンネル内のホームと、山上の駅舎という構造になりました。

トンネル内にこそなっていませんが、隣接する名立(なだち)、能生(のう)の各駅も同じような生い立ちです。

Img_7577

駅舎前に解説付き。

Img_7578

こういう情報も、駅を訪れた人へのサービス精神か。

Img_7579

時間を確かめつつ、写真を撮りながらホームに戻ります。

この板は風よけと説明されています。
(トンネル内を列車が通過するときに気圧の変化で強い風が吹く)

Img_7581

長い階段。降りた先も更にトンネルが続いているのですが、そちらは立ち入り禁止で、左へ曲がります。

Img_7584

階段の横を、途中からわずかに水が流れ始め、一番下では結構な勢いで流れていきます。ちょっと怖い。

Img_7586

長い階段を降りた先を左に折れ、すぐのところに直江津方面のホームに通じる通路があります。糸魚川方面のホームはさらに向こう。

Img_7588

まっすぐ行くと、また階段があって、ここを降りるとホームです。

Img_7590

着いたときとちょっと違う立ち位置から1枚。

黄色の「出口」の標示のところに階段が繋がっています。

Img_7594

振り返ると駅名標があることに気づいたので、それを含めて1枚。

12本目 568M 筒石18:15~18:33糸魚川

Img_7597

音が先に聞こえて大きくなり、そのうちに明かりが見えてきて…

やってきたのはまた青い電車かい!

Img_7598

今度は扉が2つですから、475系でしょうか。

Img_7601

トンネルを出ると夕焼け空。(多分)浦本駅にて。

Img_7603

糸魚川に着く頃にはかなり暮れていました。

« 鉄分補給の旅9 ~直江津からトンネル駅の筒石へ | トップページ | 鉄分補給の旅11 ~糸魚川からは「はくたか」で富山へ »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄分補給の旅9 ~直江津からトンネル駅の筒石へ | トップページ | 鉄分補給の旅11 ~糸魚川からは「はくたか」で富山へ »

無料ブログはココログ