« 鉄分補給の旅6 ~善光寺と蕎麦と長野電鉄 | トップページ | 鉄分補給の旅8 ~上越妙高駅に生まれ変わる脇野田駅を探訪 »

2014年9月 6日 (土)

鉄分補給の旅7 ~信越本線二本木駅でスイッチバック体験

信濃吉田駅で「スノーモンキー」の通過を撮影したあと、慌てて北長野駅へ。

遅れても後の旅程に影響はないんですけど、せっかくなので1本でも多く乗りたくてですね

この日、蒲田~品川~東京~秋葉原~御徒町~上野~長野、そして善光寺下~信濃吉田と、すでに7本の列車に乗ってきた今回の旅。ここから、列車番号や時刻を入れていきましょう。

8本目 139D 北長野15:09~15:18豊野

Img_7532

北長野駅は、駅舎が新幹線高架の下にあります。
(正面からの写真を撮り忘れました)

豊野から飯山線に入る列車にちょっとだけ乗車。

前も書きましたが、北陸新幹線開業後に、豊野~飯山がJRに残るのが不思議といえば不思議。細かいですが…

9本目 353M 豊野15:31~16:18二本木16:22~16:37脇野田

Img_7541

豊野から、県境を越える信越本線の列車に乗り込みます。

スイッチバックの残る二本木駅で、停車時間が長く、対向列車を待つ形になる列車を選んだのですが、豊野の先の牟礼だったか古間だったかで「踏切の安全確認」のために5分ほど停車。

Img_7543

二本木に着いたときには、交換する列車はすでに駅に入線していました。スイッチバックして入線してくる列車を撮りたかったんですけどねぇ…

入線は双方から同時に出来る配線だし、こればかりは仕方ない。

Img_7544

対向列車が出て行くと、こっちもすぐに出発するはずなので、あとは車内から。

Img_7546

スイッチバック用の線路だけにスノーシェッドがあったのが印象的。

Img_7547

新井で下校する高校生が乗ってきて賑やかになり、2駅先の脇野田駅に到着です。

現在は1面2線で、線路を渡って駅舎へ、という正統派の田舎駅。

新幹線開業にあわせて大きく姿を変えるので、一度降りて周辺を歩いてみました。

« 鉄分補給の旅6 ~善光寺と蕎麦と長野電鉄 | トップページ | 鉄分補給の旅8 ~上越妙高駅に生まれ変わる脇野田駅を探訪 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄分補給の旅6 ~善光寺と蕎麦と長野電鉄 | トップページ | 鉄分補給の旅8 ~上越妙高駅に生まれ変わる脇野田駅を探訪 »

無料ブログはココログ