« 鉄分補給の旅3 ~上野東京ラインは現在試運転中 | トップページ | 鉄分補給の旅5 ~E7系グランクラスで長野へ »

2014年9月 2日 (火)

鉄分補給の旅4 ~上野駅でE7系に乗り換え

東北・上越新幹線の東京駅乗り入れでずいぶん立場が変わってしまいましたが、北への玄関口の上野駅。今でも高崎・東北・常磐各線のターミナルとしてたくさんのホームが運用されています。

Img_7450

1階の端頭式ホームから繋がる「中央改札」。大ターミナルの独特の雰囲気があります。

「上野東京ライン」の完成後も常磐特急など上野始発の列車も多く残るので、一気に変わることはないと思いますが、いずれはホームや配線も整理されていくのでしょうか。

Img_7453

東京土産にふなっしー?
まぁ、ここから乗る人は船橋方面へは行きませんから、よく考えた配置ではあります。

Img_7455

うーん、東京の駅にはシャレオツな売店があるなぁ、と田舎者らしく素直に驚き。信州産のワインとチーズを購入。

グランクラスは本来食事とドリンク(アルコール含む)のサービスを含んだ料金設定ですが、北陸新幹線のE7系に関しては、来春の北陸延伸までは「座席のみ」のサービスになっています。なので、今回は飲み物とおつまみを持ち込みます。

Img_7456

在来線特急専用のホームの横から地下の新幹線コンコースへ。
長いエスカレーターですなぁ…

Img_7459

ホームに降りる階段の横に、直近の列車名とともに編成や停車位置を表示するデジタルサイネージがありました。

列車の種類が多く、併結もあるので、こういうのがあると助かりますね。16両で統一の東海道新幹線なら、乗車位置の説明は固定の掲示板で大丈夫ですが…

Img_7461

乗車予定の「あさま519号」の前は「はやぶさ・こまち」の併結

Img_7466

見慣れてきたとはいえ、何度見ても衝撃的な組み合わせです。

「17両」と表示されて、東海道新幹線より長いのかと思いましたが、E6系は在来線規格で1両20m。1両25mのE5系10両と合わせて390m。東海道新幹線16両や、E4系8両×2のほうが少し長いのですね。

Img_7467

お約束で「熱烈なキスシーン」を

Img_7468

回送かと思ったら、上野通過の「あさま518号」でした。
流し撮りは決まったけど鼻が切れました…

Img_7471

あさま519号が到着。先頭の12号車に乗り込みます。

Img_7473

おおー、グランクラスはエントランス(デッキ)からこってますなぁ。

シートなどは次に回します。

« 鉄分補給の旅3 ~上野東京ラインは現在試運転中 | トップページ | 鉄分補給の旅5 ~E7系グランクラスで長野へ »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄分補給の旅3 ~上野東京ラインは現在試運転中 | トップページ | 鉄分補給の旅5 ~E7系グランクラスで長野へ »

無料ブログはココログ