« 新しいノートパソコンInspiron 14Rが到着 | トップページ | 古いノートPCの再活用に、ついにSSDの導入か »

2014年8月22日 (金)

りんかい線買収計画とか、東京モノレールの延伸計画とか

今日はこんなニュースが駆け抜けたようです。
(東京MXは直接は見られませんので、ネット上の伝聞ですが)

Rinkai_350
画像はこちらのつぶやきから。

JR東日本関係者の話として報じられており、りんかい線の株式のほとんどを所有している東京都からのリアクションはないようです。

2つ前の記事でも紹介したように、JR東は羽田空港アクセス鉄道の整備に動いていますが、東京駅方面以外の2方面については、りんかい線と接続する計画になっています。そのための環境整備と考えられますが、空港アクセス鉄道の整備を抜きにしても、りんかい線がJR東と一体化することで、「線路は繋がっているけど直通できない」新木場駅の問題が解決しやすくなります。

りんかい線を買収した上で子会社として、空港アクセス鉄道と一体運用するという手法も考えられますが、乗客の立場からは、現在のりんかい線部分はJR東の路線の一部になって、新木場をスルーする直通列車ができると便利です。

JR東としては、空港アクセス鉄道は少なくとも「都区内」の例外にしたいでしょうし、空港に繋がる末端部分に特別運賃を設定する、あるいは別会社とするなどは、どうぞご存分に

「りんかい線を運営する東京臨海高速鉄道をJR東日本が買収し、路線はJR東日本直営としたい。JR東日本は東京都から株を買い取り、東京都は株の売却益を羽田アクセス線の建設費負担分に充当してはどうだろうか。」

この記事にあるスキームも面白いですね。

Mono_350

もう一つ持ち上がっているのが、東京モノレールの東京乗り入れ構想。

JR東が東京駅から直通列車を走らせるならば、モノレールも存続をかけて東京駅乗り入れを、ということなのでしょうが、困ったことに?東京モノレールもJR東の子会社なんですよね。2系統の直通列車を東京駅から出すことにメリットがあるのか疑問です。

新しいアクセス鉄道ができたら、モノレールは都心と空港の直通需要より沿線需要に注力する、でも良いのではないかと思っていました(この際駅を増やすとかね)。

まずは双方の計画をぶち上げておいて、「どちらか実現可能なほうをやる」ってところでしょうか。

列車の運行形態とは直接関係ありませんが、京急品川駅付近にも構想があります。

Sinagawa_350

品川駅南側にある「八ツ山橋」のところの踏切とS字カーブ。

北品川駅の南側までは高架になっていますから、この高架を延ばす形で八ツ山橋を越える高架を建設して踏切を解消。ついでにS字カーブもなくなると高速運転が可能になるという構想あり。

で、その先は品川駅。JR線を1階とすると京急線が2階相当の高さにありますが、これを1階に降ろす構想があります。

Sinag

実はメリットを理解するまで時間がかかったのですが、この記事の図を見ながら、品川駅から高輪プリンスなどへ行くときのことを考えると分かりました。西側のゴチャッとした駅前広場に出て、道路を渡るのが面倒なんですよね。

京急がこの2つの工事をしたとして、間をつなぐ線路が急勾配になるのではないかというのが心配です

« 新しいノートパソコンInspiron 14Rが到着 | トップページ | 古いノートPCの再活用に、ついにSSDの導入か »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しいノートパソコンInspiron 14Rが到着 | トップページ | 古いノートPCの再活用に、ついにSSDの導入か »

無料ブログはココログ