« あるべきところにグローランプがない蛍光灯の不思議 | トップページ | 新しいノートパソコンInspiron 14Rが到着 »

2014年8月20日 (水)

スターフライヤーの羽田~山口宇部線のダイヤが公表されました

冬ダイヤ(今年は10月26日から)の航空券発売まで1週間を切りました。年末年始の帰省など航空券の手配を待ち構えている方もおられると思います。

そんな中、スターフライヤー(SFJ)の冬ダイヤも公表されました。
(今日の時点では全体像はこちらのpdfから)

注目すべきは羽田~山口宇部(UBJ)路線への新規就航ですが、キャンペーンページが作られています。

Sfj_ubj_hnd1

下のサルビアは、就航先の宇部市の花だそうです。

Sfj_ubj_hnd2

フグのシッポにSFロゴですかそうですか…

Sfj_ubj_hnd3

1日3往復の時刻はこのとおり。SFJ機材のUBJでのナイトステイはありません。ANAとの協調を考えると、間にANA運航便が入って、現行通りANA機材がステイするのでしょう。

さ、あとで時刻表転記して運用を考えてみよう。所要時間はほとんど同じなので、単純に福岡便のうち3往復を移転するだけでも機材は回ります。それが新ダイヤのUBJ便にはまるのか?別の問題としては、福岡便・山口宇部便ともに羽田では第2ターミナル発着になるので、第1ターミナルのspot 1, 2は使えません。北九州便がなるべく沖止めにならないように、と考えると、運用が入れ替わるところは減らしたほうがいいのかも…とか妄想中。

Map

昨年、東京オリンピック招致が決まってから、様々な憶測が出ていましたが、東海道貨物線を活用した羽田空港アクセス鉄道の整備に関していよいよJRが構想を明らかにしました。東京駅方向だけでなく、新木場・新宿方向も検討するとか。

残念ながら完成はオリンピック後となる見込みのようですが、暫定的に既存線との連絡駅を作ることもあるとか(記事はこちらなど)

上の図は、以前の記事でも拝借した、こちらのサイトの地図に加筆しました。

品川(田町)付近での接続(A)は線路は近接していますが、高架あるいは地下線で接続することを考えると工事用地の確保などが大変そうです。

りんかい線新木場方向への接続(B)は、既に線路があります。貨物ターミナル横にりんかい線の車庫がありますので。技術的には最も容易でしょう。

りんかい線大井町・大崎経由で新宿方向への接続を乗り換えや折り返しなしでやろうと思えば、新たなトンネルが必要ですね。

空港への乗り入れ線および駅の整備が最も大きな工事になると思いますが、暫定的に上記3方面の線路を活かそうと思えば貨物線とモノレール・京急が交差する天空橋付近に駅を整備するのが早いでしょう。本格的な乗り入れ線もこのあたりから空港へ入っていくのか、それとも貨物ターミナルからまっすぐズバッと切り込むのか?

« あるべきところにグローランプがない蛍光灯の不思議 | トップページ | 新しいノートパソコンInspiron 14Rが到着 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

なんとかそれらしい運用は考えられますが、時々飛ばしている「羽田~関空の臨時便」が出せるような空き時間を作ろうと思うと難しいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あるべきところにグローランプがない蛍光灯の不思議 | トップページ | 新しいノートパソコンInspiron 14Rが到着 »

無料ブログはココログ