« 鉄分補給の旅2 ~まずは東京駅へ | トップページ | 鉄分補給の旅3 ~上野東京ラインは現在試運転中 »

2014年8月31日 (日)

緊急取材 JR城野駅で南口と南北自由通路が整備中

東京での鉄分補給の報告の途中ですが、地元の「変わりゆく駅」の取材をしてきたのでとりあえずご報告。

Map_jyono

城野駅周辺は、北側では自衛隊跡地の再開発、南側では南口の整備が進んでいます。今日通りかかったときに、結構南口の整備が進んでいることに気づいたので写真を撮ってきました。

Kimg1492

(撮影順と異なりますが)まずは城野駅正面から紹介。

写真左側(東側)で駅舎を改築中。以前コンビニだったところを仮駅舎にして営業中です。

Kimg1493

新駅舎は橋上化の様子。この写真ではわかりにくいですが、北側の再開発地区へ繋がるペデストリアンデッキの準備工事と思われる部分もありました。

#9/20追記
過去の写真で、駅舎そのものがだいたい完成したものがありました。ここがJRの施工で、今工事中の部分は自由通路と考えると、工事現場に北九州市の看板が出ていたのも合点がいきます。

Kimg1494

北東側に回ったところその1

Kimg1495

北東側からその2

駅構内の跨線橋とは別に、南北自由通路が整備され、南口の階段に繋がるように見えます。

Kimg1485

駅東側の踏切を渡って、駅の南東側から。

幌がかかっているのは新規の自由通路でしょう。

Kimg1488

駅南側に回る途中、たくさんの猫が住宅横のブロックに並んでいるところを見つけました。

Kimg1489
Kimg1491

南側から2枚。大きな階段が出来ています。

現在駅前広場を整備中。

Kimg1490

南側には、小倉南区役所や警察署に繋がる道路が整備中。小倉南区の「核」となるエリアと言えますが、今まで駅からの交通の便がいいとは言えませんでした。バス路線が出来たりするのでしょうか?

Kimg1497

駅北側に戻ります。国道10号線の向こうで再開発に関連した工事が進 んでいます。

一角に「北九州総合病院」が移転することが決まっています。小倉駅最寄りの小倉記念病院、下曽根最寄りの九州労災病院と、北九州市の日豊本線沿線に基幹病院が並ぶという構造が出来上がります。

Kimg1498

北側の再開発地区入り口から、城野駅を望む。

現在現在自転車置き場になっているところの上を越えて、ペデストリアンデッキが延びる予定になっています。

« 鉄分補給の旅2 ~まずは東京駅へ | トップページ | 鉄分補給の旅3 ~上野東京ラインは現在試運転中 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄分補給の旅2 ~まずは東京駅へ | トップページ | 鉄分補給の旅3 ~上野東京ラインは現在試運転中 »

無料ブログはココログ