« 今日の庭6/29と昨日のジャンボ | トップページ | JR切符を乗車変更して原券の素性を隠したら、払い戻しが容易になった話 »

2014年7月 1日 (火)

北九州空港が深夜早朝リモート空港に格下げになってた

昨日、AIS Japanで何気なく北九州空港のチャートを確認していて(多分、東京から来た便がなんで時々VOR/DME Bアプローチをとるんだろうという疑問を解決したかったのだと思う)、妙な変化に気づきました。

Rjfr_remote_2

北九州タワーの周波数の記載の横に、北九州リモートという項目が増えています。

Rjfr_24h

以前ダウンロードしておいたチャートだと、北九州タワーの周波数しか書いてありません。

Rjfr_1
(クリックで拡大します)

運用時間などに関する記載を見ると、深夜早朝(日本時間で22:15~翌朝7:45)は管制塔に管制官が不在になり、福岡FSC(Flight Service Center; 飛行援助センター)からのリモート運用になった様子。空港の運用自体は24時間可能です。

つい最近かと思ったら、4月はじめには早朝便が「北九州リモート」と交信して出て行ったというブログがありました。気づくのが遅かったですね…

北九州空港は早朝・深夜の発着があるので、影響はないのかと航空ダイヤと対照してみました。本日のダイヤでは次のようになっています。

始発が定刻5:30のSFJ70便
リモート対応の7:45までに出発が3便
朝一番の到着便は定刻7:50
最後の出発便が定刻21:10
リモートになる22:15以降の到着が3便
最後に到着するSFJ95便が定刻24:35

離陸と着陸が重なる可能性のある時間帯にはちゃんと管制塔から指示が出るようで安心しました(空域が重なる山口宇部空港に発着がある時間帯もカバーしています)。運用が乱れたときが心配ですが、トラフィックの状況によっては前後15分は延長するよという記載があって、ある程度の配慮はしていただけるようです。

夏の間に早朝に出かけてみて、運用を確認してみましょうか。

ご近所でリモート運用になる空港がもう一つあります。

Rjfs_remote

なんかややこしい記述ですが、下のも合わせて見て下さい。

Rjfs_1

6:30-22:00が昼間の運用時間ですが、深夜0:30-4:30も運用可能になっていて、この時間帯に深夜貨物便が運航されています。

深夜貨物便と、始発1便、最終着の1便はリモート運用の対象の様子。

…最初の()内の疑問の答えは、通常はASARI経由でアプローチするところが、南側にレーダー誘導された場合はVOR/DME Bアプローチを指示されることもある、と理解しましたがどうでしょうか?

« 今日の庭6/29と昨日のジャンボ | トップページ | JR切符を乗車変更して原券の素性を隠したら、払い戻しが容易になった話 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の庭6/29と昨日のジャンボ | トップページ | JR切符を乗車変更して原券の素性を隠したら、払い戻しが容易になった話 »

無料ブログはココログ