« 仙石線の復旧時期が明らかになりました | トップページ | 今日の庭8/2、と、猫アレコレなど »

2014年7月31日 (木)

ANAは8月7日から早速B787-9を飛ばすようで、と、夜の「空中庭園」

昨日、ANAがB787-9の一号機を受領した話題を書いたばかりですが、早速8月7日から国内線に投入すると発表されました。

7879timetable

ANAのリリースに掲載された、最初の投入便はこちら(クリックで拡大します)

いずれも羽田発で、福岡・伊丹・松山に各1往復。しばらくはこの運用に固定かな?

#8/1追記:現在のところ、ANAのサイトでは上記の8/7の便も787-9(789?)と表示されません。NZとの競争で旅客・予約系システムの準備が間に合わないうちに公表した?

7879_nz

先だって、「787-9の初号機」を受領したニュージーランド航空(NZ)ですが(写真はこちらの記事から)、SFJ以上に「黒い」特別塗装で目を惹きます。

ANAのほうは787-8のときと異なりノーマル塗装。運用の実績があるからか、慣熟飛行に時間をかけることもなく、「最初の商業運航」はANAが先を越す形になりました。パイロットの資格も787-8, -9で共通なのでしょうね。

#8/1追記:NZのライン投入について、当初10月からと書きましたが、8/9のAKL-SYD便からという情報を見つけたので訂正します。無理して先んじるようなANAの姿勢に、「NZに花を持たせてやればいいのに」とちょっと思いました。

7879_style

ANAのページから、-9と-8の見分け方講座。前方ドアの間隔の違いが最も分かりやすいのか。

7879seat

同じくANAの国内線仕様のシートマップ。

395席というのは、777-200の405席に迫ります。787-8が767-300の置き換え用なら、787-9は777-200の置き換え用と考えられます。

ちなみに、ANAの国内線用ワイドボディ機の座席数は、少ないほうから以下の通り。777-300は、777-9Xが飛び始めるまでは安泰か(まだ発注かけてますし

B767-300 270席
B787-8 335席
B787-9 395席
B777-200 405席
B777-300 514席

伊丹とチラッと書いたので、この間大阪に行ったときのことを少し。

Img_6582

用事があったのは「空中庭園」の近く。

一段落したときはちょうど日没直後の「マジックアワー」。お腹も空いていましたが、展望台からの景色を撮るなら今だと思い上がってきました。

Img_6584

わかりにくいですが、左が大阪駅あたり。黒い三角形部分が、先日の記事で再開発中と書いた旧貨物駅エリア。

Img_6586

真ん中が淀川。伊丹へおりていく飛行機がよく見えます。三脚立てて長時間露光すれば光跡がキレイかもしれません。(もしかして三脚持ち込み不可だったらゴメンナサイ)

« 仙石線の復旧時期が明らかになりました | トップページ | 今日の庭8/2、と、猫アレコレなど »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仙石線の復旧時期が明らかになりました | トップページ | 今日の庭8/2、と、猫アレコレなど »

無料ブログはココログ