« カメラバッグを一回り大きな「イベントメッセンジャー250」に更新 | トップページ | 携帯がようやく「SIMフリー」へ向かうようで »

2014年6月27日 (金)

NCAの北九州空港寄航は7月から日曜日午後に

日本貨物航空(NCA)が6月いっぱいでソウルから撤退するとの報道がされていましたが、同社のwebサイトに6月30日以降のスケジュールが載りました(ここにPDFで掲載されています)。

Kz842
(クリックで拡大します)

土曜日午後、ソウル(仁川)~北九州~成田というルートでやってきているNCA814便はなくなりますが、台北~北九州~成田のNCA842便は、木曜日から日曜日へ変更。

Ja03kz
(JA03KZ、2014/4/5撮影、R/W18着陸後、雨)
Ja05kz
(JA05KZ、2014/5/3撮影、R/W36離陸滑走開始)

日曜日に寄航する理由に、当地のファンへの配慮という要素は微塵もないと思いますが、とりあえず今後も定期的に北九州空港でB747-400Fの雄姿を見ることができます。

Ja06kz
(JA06KZ、2013/8/3撮影、R/W36進入中、夏雲を背景に)
Ja07kz
(JA07KZ、2013/4/27撮影、R/W36へタキシング)

今まで、グリーンフレイター塗装のJA04KZを見ると喜んで紹介していたので、今回はそれ以外の機材をまとめて貼ってみました。今後は、機材の都合とかでB747-8Fが来てくれることに期待です。

最後に、日曜日のNCA842のスケジュールは以下の通りです。
北九州着 16:20 北九州発 18:05
(前より作業時間が短くなっています)

航空関連だと、このニュースにビックリしました。

楽天LCC参入:需要急増にらみ…15年にも国内路線

楽天がマレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジアと組んで、航空事業に参入する。エアアジアが設立した新会社に楽天が出資、中部国際空港を拠点に2015年にも国内路線を設ける。景気回復で国内の旅客需要は持ち直しており、両社はLCCの拡大余地が大きいと判断した。ただ、8月には中国のLCC春秋航空も参入する予定で、競争激化も予想される。

リンク先の記事の冒頭部分を引用しました。ANAと組んで「エアアジアジャパン」を立ち上げて日本に参入したものの、思ったように搭乗率が伸びず、撤退したエアアジアが、楽天を次のパートナーとして再度日本上陸を果たそうということのようです。

Img_0643
(以前、福岡空港で機内から撮ったものの切り出しです)

楽天にとっても、楽天トラベルを予約窓口にするとか、宿泊と組み合わせるとか、ポイント活用を提案するとか、私でも思いつくようなことは考えていると思います。

ただ、個人的に気になるのは、楽天の傘下になると(完全子会社ではないですが)、社名(ブランド名)やロゴに「楽天」と入れたがるのではないかということ。

R_edy

過去に起こったことでは、電子マネーのEdyに「楽天」をつけられたのが最悪です。支払いの時「エディーで」で済むのが「らくてんエディーで」になると大変ですので(まぁ今でもエディーで済ませてますけど)。

楽天に恨みがあるわけではないので冷静に分析しますと、例えば鉄道各社、流通系の大手、思い当たるところは社名ではなく(親会社を意識させるネーミングはありますが)通りの良い愛称を電子マネーにつけています。

愛称として使うことを考えたときに、特に横文字のブランド名と「らくてん」の四文字の組み合わせは、発音のしにくさと冗長さから相性が悪いと思います。

「楽天」と連呼するのもブランド戦略の一つでしょうから、横から文句をいう筋合いのものではありませんが、ユーザーが「あ、ここも楽天のサービスなんだ」と気づく情報をさりげなく入れて、他のサービスとの連携もさりげなく勧めていただくほうが好感度が高いです。買い物一つすればカード加入を勧められ、チェックボックスを外し忘れるとSPAMメールの山に埋もれるという商法には辟易しています。

…それでも、店舗やホテルと個別に会員登録しないで済むので、使ってしまうんですよね、楽天市場や楽天トラベル。その上での文句です。

« カメラバッグを一回り大きな「イベントメッセンジャー250」に更新 | トップページ | 携帯がようやく「SIMフリー」へ向かうようで »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カメラバッグを一回り大きな「イベントメッセンジャー250」に更新 | トップページ | 携帯がようやく「SIMフリー」へ向かうようで »

無料ブログはココログ