« 五合炊きの炊飯鍋をゲット | トップページ | 久しぶりに北九州空港の0番スポット横で撮影 »

2014年5月17日 (土)

「石窯ドーム」オーブンレンジ設置の巻

昨日の記事で箱だけ登場した、新しいオーブンレンジ。

妻がたまにパンを焼くときに、「天板が2段ないと不便」ということで、その条件で無用な機能のないものを選ぶと売れ筋にランクインし、入荷待ちの発生する機種に。うむ、皆考えることは似たり寄ったりか。

消費税増税前の購入を目論んでいましたが、「納品が4月以降になっても同額です」というところで安く注文できたのと、大至急必要なわけではなかったので、黙って1ヶ月ちょっと入荷を待ちました。

Img_1470

15年、4回の引っ越しを重ねて使ってきた前任のオーブンレンジ。普通に動いていたので、注文したときには若干後ろめたさがありましたが、少し前の記事に書いたようにパネルの不調と思われる不具合が出始め、結果的にはちょうどいいタイミングでの買い換えになりました。

Img_1493

レンジ台から、前のレンジとその他もろもろを撤去してお掃除。

Img_1496

入居後4年ぶんのホコリがなくなり、キレイになりました。

Img_1497

新しいレンジを箱から出して、保護テープなどを除去。

「ほー、今度のは回らないんだ」と娘が遠巻きに見ています。

Img_1505
Img_1504

外装やら天板やらに貼ってあった注意書きを確認。

特に改めて注意を要することは書いてないですね。スチームオーブン用の水容器があるのが今までと異なるくらい。

Img_1498

仮置きして、配線を確認。まずはアースをとりましょう。本体側にアース線が接続された状態で届くのでこれを使います。

Img_1499

アース端子付きのコンセントが用意してあるので、蓋を開け、ネジを緩めてアース線を差し込み、締め直せば完了。続いてコンセントも接続。

前後左右と、奥に必要なスペースを確認して設置位置を決めます。
(この機種は左右が2cmでいいので困ることは少ないでしょう)

Img_1502

使い始める前に、使用後の臭い発生を防止するために「カラ焼き」をして欲しいとのこと。専用メニューが用意されているので指示通りに実施。

確かに樹脂や油の焦げるような臭いがいたしました。上面や側面がどのくらい熱くなるかもこのときに確認。やっぱり、オーブン使うときには上面が相当熱くなります。

Img_1509

カラ焼き30分の間に、最近気になっていたところの掃除を一つ。

階段踊り場の照明が、上から見ると結構ホコリが積もっていたのです。

Img_1508

拭くだけで済ませてもいいのですが、電球を外し、ソケットの付け根のところの固定具を外せばガラスシェードが外せます。思い切っていったん分解し、中性洗剤でサッと洗いました。

Img_1506

猫は、時々カラスの声に反応しつつも娘の膝でおねんね。

一方のカラスは、隣家の庭からシュロの繊維のようなものを失敬して行きました。巣作りをしているんでしょうね。

« 五合炊きの炊飯鍋をゲット | トップページ | 久しぶりに北九州空港の0番スポット横で撮影 »

家(インテリア・設備)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「石窯ドーム」オーブンレンジ設置の巻:

« 五合炊きの炊飯鍋をゲット | トップページ | 久しぶりに北九州空港の0番スポット横で撮影 »

無料ブログはココログ