« 「石窯ドーム」オーブンレンジ設置の巻 | トップページ | 当面必要そうなところのLED化完了&8月には山口線復旧 »

2014年5月18日 (日)

久しぶりに北九州空港の0番スポット横で撮影

1週間前の話になってしまいますが、撮りためたものがあったのでアップ。

定番の、土曜日のB747-400F (NCA814便)。他の予定で着陸の時間帯しか空港に行けません。風向きはちょっと北寄りだけど、他の便の動きを見るとR/W18着陸で、定番の滑走路南端ではまともに撮れなさそう。ということで、0番スポット到着シーンの撮影に専念することに。

Img_5692

東から来た-400Fが空港上空から周防灘上空へ。この先でUターンして最終進入という定型のパターン。

Img_5693

2番スポットからスターフライヤー(SFJ)のA320が出発。風は北よりだし、スポットから近いので当然R/W36へ。手前には次便に積み込むコンテナが待機中。

Img_5696

A320がR/W36へ向かうということは…

と思っていると-400FがR/W36へ着陸。

接地点のあたりも開けていたのですが…

正直に言います。カメラのAF設定を変えようとしていて肝心のところを撮りそこねましたorz

言い訳をすると、一つ前の写真を撮るのに、サーボモードではコンテナにピントを持って来にくかったんですよねぇ

Img_5709

一旦北側の見えないところまで行って、誘導路を戻ってきます。

この位置から滑走路北側を見ると、土砂の壁が邪魔をします。埋め立て作業が続いているので、そのためだと思いますが、将来的にどうなるんでしょうね。

個人的には、南側に滑走路を延ばさないのであれば、北側のこのあたりをサッサと整備して、MRJ関連の施設を早々に誘致。そして、滑走路沿いの公園を整備してほしいです

Img_5713

0番スポットに到着。

マーシャラーのパドルがうまいことハート型に重なった瞬間を見逃さずに撮影。後でみると、機長が手を振っているのも写っておりました。

マーシャラーか他の地上係員に向けて、だと思いますが、まさか私に

Img_5714

到着後すぐに、前輪(ノーズギア)にロープをかけています。

荷役時にバランスが崩れて、尻餅をつくことを防止するためだそう。

Img_5736

広角端で全体像。この画角で、翼端ギリギリ入るかどうか、というところまで寄ってみたいですね。

Img_5747

SFJの次便が到着。風はさっきと同様ですが、着陸後スポットまで近いR/W18着陸。

今日のNCA機着陸は、SFJ機離陸の直後になったので、素直にR/W36着陸に従ったのでしょう。そうでなければどちらの滑走路を使用したか分かりません。しかし、何回か見ていると、(安全で、かつ管制が許可する範囲で)少しでも時間を短縮できる経路をとりたい旅客機と、セオリー通り、より確実な方法で飛ぶ巨大貨物機、という違いが少し感じられます。

Img_5756

去り際に、真正面からもう1枚。

Dsc_1097

うちの猫は、今夜はバスマットから離れたくないそうです。

« 「石窯ドーム」オーブンレンジ設置の巻 | トップページ | 当面必要そうなところのLED化完了&8月には山口線復旧 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに北九州空港の0番スポット横で撮影:

« 「石窯ドーム」オーブンレンジ設置の巻 | トップページ | 当面必要そうなところのLED化完了&8月には山口線復旧 »

無料ブログはココログ