« 北九州空港に虹、他休日の猫など | トップページ | 久大本線で雪→倒木→列車脱線→「ななつ星」も引き返し »

2014年2月12日 (水)

三菱重工、MRJ飛行試験のサブ拠点に北九州空港を活用と発表

国産ジェット旅客機として三菱重工が開発中のMRJ (Mitsubishi Regional Jet)に関して、面白いニュースが飛び込んできました。

Mrj1

三菱重工 MRJ飛行試験サブ拠点に北九州空港

国産初のジェット旅客機MRJを作る三菱重工業は、飛行試験などの第2の拠点として北九州空港の活用を検討すると12日、発表しました。
MRJは、三菱重工の子会社が開発する座席数が70から90席という次世代旅客機です。現在、165機の受注が確定しており、2015年4月から6月に初飛行し、2017年に最初の納入を予定しています。
三菱重工によりますと北九州空港は、 その飛行試験や駐機の際、メインの名古屋空港に次ぐ サブ拠点としての活用が 検討されています。海上空港であり24時間使える点などが 評価されたということです。
北九州市の北橋市長は「大変うれしく思っている。自動車は最前線の技術をマスターしながら部品メーカーが集積を始めている。航空機産業が根を下ろせば一大産地になれる力を 十分持っている」と期待を寄せました。

三菱重工からの公式リリースはこちらです。

Mrj_map

この中の図には、各工場に混じって名古屋空港と北九州空港が飛行試験の拠点として記されています。

Mrj2

既に多くの発注を受けているものの、計画は既に数年遅れとなっており、正直言うと若干冷ややかな目で見ていました。今までの歴史的なこともあり、どうせ国産ジェット旅客機なんて計画倒れだろうと。

生産計画の具体化とともに、地元空港が活用されると聞くと、俄然興味が出てきます

初めて見た、MRJ計画を紹介するサイトで面白い動画を見つけました。

MRJに搭載予定のエンジンをP&W社がテストしている光景です。

試験用のエンジンを、B747のおでこのところの小さな補助翼に取り付けて飛び立っています。これ一発で離陸できるとは思えないので、上空でエンジンを始動して想定した推力が出るかとか、想定される高度や速度に耐えられるかとかを調べるのでしょうか?

« 北九州空港に虹、他休日の猫など | トップページ | 久大本線で雪→倒木→列車脱線→「ななつ星」も引き返し »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三菱重工、MRJ飛行試験のサブ拠点に北九州空港を活用と発表:

« 北九州空港に虹、他休日の猫など | トップページ | 久大本線で雪→倒木→列車脱線→「ななつ星」も引き返し »

無料ブログはココログ