« 東武東上線で、誤発進による踏切事故。防ぐ手立てはないのか | トップページ | スターフライヤー初号機の再就職先はスペインのブエリング航空 »

2014年2月 1日 (土)

JA23MCを撮りに行ったら、スターフライヤーの新格納庫にJA07MCを確認

暖かくなった土曜日。

スターフライヤーの新車、JA23MCは1月24日に北九州空港に到着後、29日から営業運航に就いています。今日はSFJ76-77-82便という運用に入ったことが分かったので、SFJ77の北九州空港到着を狙って出かけました。

Img_3990

Spot4にいる、釜山から帰ってきた機材はJA02MC。次に退役すると言われていますが、まだ現役でお仕事中。

JA23MCが来たことで、一機余りがあるはずなのですが、エプロンには他の機体は見当たりません。手前の工事現場はスポット増設中と思われます。

Img_3999

SFJ77の到着を待っていると、制限区域側から作業員を乗せた車がやってきて、格納庫の扉が少し開きました。

Img_3995

お、中にいるじゃないですか。JA07MCのレジが見えました。

内部には天井クレーンも見えました。作業内容は分かりませんでしたが、格納庫として運用が始まっているようです。

Img_4003

JA23MCがやってきました。ほぼ無風で、他のトラフィックもないので、タキシングの短くなる18着陸。遠くにしか見えません

Img_4011

シャークレット付きも4機目となり、さすがに目新しさは無くなりました。

Img_4020

誘導路に入ったところのショットから。JA23MCのレジと、"Spirit of Kitakyushu"のロゴ、そして金帯が分かるように切り出し。

Img_4026

現時点で最古と最新の機材が並びました。

Img_4049

出発はR/W36から。ピカピカの機体がやってきました。

Img_4064
Img_4067

SFJ82として、羽田に向け離陸していきました。

« 東武東上線で、誤発進による踏切事故。防ぐ手立てはないのか | トップページ | スターフライヤー初号機の再就職先はスペインのブエリング航空 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 東武東上線で、誤発進による踏切事故。防ぐ手立てはないのか | トップページ | スターフライヤー初号機の再就職先はスペインのブエリング航空 »

無料ブログはココログ