« 北陸新幹線開通後の並行在来線について考える その2 | トップページ | 北陸新幹線開通後の並行在来線について考える その4 »

2014年1月10日 (金)

北陸新幹線開通後の並行在来線について考える その3

廃止対象の並行在来線とは異なりますが、人の流れの点で、北陸新幹線開業の影響が大きいのがこちら。

Hokuhoku1

北越急行の「ほくほく線」。

新潟県の六日町~犀潟間が営業区間ですが、実質的には越後湯沢と直江津を結ぶルートです。

Hokuhoku2

トンネルが多くて、トンネル内の駅(美佐島)があることでも有名ですが、トンネル内の信号場も多いのです。ダイヤが組みやすいように間隔を設定したのでしょうが、豪雪地帯なので、明かり区間よりも、トンネル内のほうが降雪によるトラブルが少ないという判断かもしれません。

Hokuhoku3

ほぼ全線が高架なので、珍しいことに緑2つの「高速進行」現示があって160km/h走行が認められています。

#ここまでの画像は北越急行のサイトから。初めてチェックしましたが、趣味的なことも結構掘り下げて書いてあります。災害時の迂回運転の記録もありました。

これらの趣味的にも興味深い特徴はいずれも、特急を高速で走らせるためのものです。先に開通した上越新幹線と越後湯沢で連絡し、鉄路では最も速く、東京と北陸を結ぶルートの一部となっています。

Hakutaka

で、現在運行されているのが特急「はくたか」(主に越後湯沢~金沢、写真はwikipediaより)。

北陸新幹線が開業すると、北陸への旅客の多くはこちらへ流れるため、ほくほく線経由の特急の存廃は話題になっていました。

Hakutaka2

JR東日本、西日本は明言を避けていますが、昨年秋に発表された北陸新幹線の愛称に「はくたか」が入っているので、現行のほくほく線経由の「はくたか」が廃止されるのは間違いないです。

北越急行は開通した頃から「いずれは北陸新幹線が開通する」状勢であったわけで、過渡期のあだ花となる運命であったと言えます。会社のほうもそれを見越して内部留保を増やしているそう。

せっかく高速運転が出来る線路を遊ばせるのはもったいないですから、特急とは言いませんが魅力的な列車を引き続き走らせてもらいたいです。

« 北陸新幹線開通後の並行在来線について考える その2 | トップページ | 北陸新幹線開通後の並行在来線について考える その4 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸新幹線開通後の並行在来線について考える その3:

« 北陸新幹線開通後の並行在来線について考える その2 | トップページ | 北陸新幹線開通後の並行在来線について考える その4 »

無料ブログはココログ