« 「天空の城」竹田城で事故相次ぐ。一方GoogleのCMでは相変わらず「日本のマチュピチュ」と… | トップページ | ついに我が家にぬこ来たる »

2014年1月 4日 (土)

新年の砂津大橋の工事現場&有楽町火災に思う

明けましておめでとうございます。

Img_3595

実家で穏やかな元日を迎えたあと、2日は仕事。幸いそのあとは明日までのんびりさせていただいています。

小倉駅方面へ行ったついでに、気になる現場を見てきました。

Img_3603

国道199号線。砂津~末広町を結ぶアンダーパスの出口。
ここから、新しい砂津大橋の工事現場あたりを取材。

Img_3606

駅のほうに歩いて、砂津大橋東詰交差点のところ。

新しい橋から199号線に繋がる道路にかかるので、ぼちぼち立ち退きが進んでいます。更地がある一方、まだ住んでおられてしめ縄が飾ってある家があるのが印象的。

Img_3602

工事現場のすぐ横にお地蔵さんが並んでいますが、これも移転でしょうか?

Img_3599

現場を覗いたところ。

橋桁がかかり、舗装や取り付け部分の工事を残すばかりですね。

Img_3609

もう一つの最近気になる現場。

小倉記念病院西側の、倉庫があったところを解体しています。(左の煙突が北九州アイアンツリーになるやつです)

Img_3610

こちらの建物も取り壊す様子。

工事看板を見ると、特別養護老人ホームになるようです。この南側に昨年春完成したマンションも、一部高齢者向けになっているようですし、病院に隣接することが売りになりそうな施設が増えていきます。

Img_3615

今日は通常運転に戻っていますが、昨日有楽町で起こった火事と、それに伴う新幹線(山手線なども)運転休止による影響は大きかったですね。

普段でも交通の要衝の場所ですが、Uターンラッシュの日と重なったことと、東海道・山陽新幹線が全面的に混乱したために、私の家族や知人も何人か巻き込まれました。

巻き込まれた状況がSNSで伝わってくるのが今時。
待ってても暇なんで、書き込みたくなるようです

運転再開まで時間がかかった原因に、消火作業のために送電を停止したことや、線路脇の通信ケーブルが焼けたことがあげられています。まずは「なんで最小限でもいいから品川折り返しで走らせない」と批判的な意見を持ちましたが、如何ともしがたい状況であったのだろうなぁとJR東海に同情もします。(物理的な困難さだけでなく、新大阪までのことだけ考えても、2-3時間先のことを考えて手を打つ必要がありますから)

まぁしかし、品川駅を作った理由は、東京駅の容量逼迫対策として品川発着便を設定するためだったはずです(航空対策もありますが)。そのわりには今回のような「東京駅が使えない」時に品川発着にすぐに変更できないのは残念です。

危機管理として対策を望みます。

« 「天空の城」竹田城で事故相次ぐ。一方GoogleのCMでは相変わらず「日本のマチュピチュ」と… | トップページ | ついに我が家にぬこ来たる »

航空・鉄道」カテゴリの記事

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年の砂津大橋の工事現場&有楽町火災に思う:

« 「天空の城」竹田城で事故相次ぐ。一方GoogleのCMでは相変わらず「日本のマチュピチュ」と… | トップページ | ついに我が家にぬこ来たる »

無料ブログはココログ