« 北九州アイアンツリーと我が家の飾り付けと | トップページ | 今日の庭12/7、からのNCAグリーンフレイター撮り »

2013年12月 4日 (水)

計量パスしていない相手との試合でタイトル云々とか、プロボクシングはスポーツなのか興行なのか?

人気先行で、テレビ局まで取り込んで、「確実に勝てる相手」としか試合してないじゃないかと、以前から個人的には全く評価していない亀田家でありますが、今回は「統一世界タイトルマッチ」と聞いて、ようやく本気なのかと思っておりました。

「こんなのまで取り上げるんだ」と思いながら、以下全てNHKのニュースサイトからです。

試合前日のニュース。

亀田大毅の対戦相手 体重超過で王座剥奪

ボクシングのスーパーフライ級の2つの団体の統一チャンピオンを決める世界タイトルマッチの計量が大阪で行われ、亀田大毅選手が3日に対戦する予定だったベネズエラの選手が、制限されている体重を上回ったため、王座を剥奪されました。(中略)
3日の試合は予定どおり行われますが、亀田選手が勝った場合は2つの団体の統一チャンピオンとなり、亀田選手が敗れた場合は2つの団体ともチャンピオンはいなくなります。

相手の(減量に関して)あまりにやる気なさそうな態度も報じられていたので、「あー良かったね、戦わずにタイトル確保?相手側に何かしたの?」とまずは思ったのですが、その後の対応に疑問符がつき始めます。

計量パスしなかったチャンピオンが王座剥奪されるのはいいとして、その相手とタイトル戦するの?と。

そして当日。

亀田大毅 判定で敗れる

ボクシングのIBF=国際ボクシング連盟とWBA=世界ボクシング協会のスーパーフライ級の統一タイトルマッチが大阪で行われ、IBFのチャンピオン、亀田大毅選手が、2日の計量失敗でWBAの王座を剥奪されたベネズエラの選手に判定で敗れました。(中略)
JBC=日本ボクシングコミッションによりますと当初、この試合は亀田選手が敗れた場合はIBF、WBAともチャンピオンがいなくなるとしていました。
しかし、IBFのルールでは挑戦者が計量に失敗した場合、負けても王座を失わないことになっていて、このルールに基づくと亀田選手は引き続きチャンピオンのままとなります。

タイトル戦と銘打っておいて、負けちゃったけど王座は温存ですか

そして今日。

ボクシング亀田戦 王座巡りIBFに説明要求

(前略)この試合の前に、IBFは日本ボクシングコミッションに対して、亀田選手が敗れた場合はIBF、WBAとも王座が空位になると説明しました。
一方、亀田選手の陣営に対しては、亀田選手が敗れてもチャンピオンのままでいると異なる説明をしていました

IBFのルールでは、挑戦者が計量に失敗した場合、チャンピオンが負けても王座を失わないことになっていて、亀田選手はIBFのチャンピオンのままでいることになりました。(中略)
今回の問題について、WBC=世界ボクシング評議会などの元チャンピオンで、ボクシングジムの会長などで作る日本プロボクシング協会の大橋秀行会長は、「めったに起こらないケースだが、こうした問題があると、ボクシング界に対して不信感が増してしまう。日本ボクシングコミッションは状況や事実をしっかり確認し、説明するべきだと思う」と話しました。

ボクシングの試合の権利関係はよく分からないのですが、最後の記事の内容が事実なら、IBF側の「二枚舌」はあまりに誠意を欠きます。

そもそも、ボクシングって、体重による階級を厳格に守ることで初めてスポーツとして成り立っているわけですから、相手選手が計量をパスしなかった時点で試合は成立せず、本来なら行うべきではありません(格闘技全般に言えることですが、あえて体重無差別にしている場合を除き、体格による有利不利を排除するために階級制は必然です。ケンカではなくスポーツだといいたい場合には特にね)

プロの場合興行の側面もありますから、興行上どうしても試合を行わないといけないのであれば、公式戦ではなくエキシビションとして行うべきです。計量をパスしなかった選手へのペナルティ以外は、試合の勝敗と王座やランキングを関連づけるのは理屈に合いません

そういう意味ではIBF側の試合後の裁定は間違ってないのですが、試合前の説明がアレでは… 興行を盛り上げるためにはしかたなかったのですか?

プロレスとか、一部の総合格闘技のように、もっぱら興行が目的であればそのへんは「何でもあり」でいいんですよ。今回の件があってもなお、ボクシングを「プロスポーツとして…」と報じているところもありましたが、スポーツとしてのルールよりも興行が優先し、王座を認定する側もそれに甘んじているようでは、もはやスポーツとしては扱えません。

« 北九州アイアンツリーと我が家の飾り付けと | トップページ | 今日の庭12/7、からのNCAグリーンフレイター撮り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北九州アイアンツリーと我が家の飾り付けと | トップページ | 今日の庭12/7、からのNCAグリーンフレイター撮り »

無料ブログはココログ