« スターフライヤーの格納庫が完成間近か | トップページ | スターフライヤー、来春福岡~関空を運休して福岡~中部就航へ »

2013年12月17日 (火)

来春、ついに近鉄特急が阪神三宮へ乗り入れ。まずは団臨から

先日の記事に続いて、今回は関西ネタ中心です。

こんな記事がありました。

近鉄特急、阪神三宮駅へ乗り入れ 来春から団体客向け

 近鉄は来年春から特急列車を阪神三宮駅へ乗り入れることを明らかにした。このほど阪神と合意し、団体臨時列車として運行する。伊勢神宮の神事「式年遷宮」が年内で区切りを迎えるため、来年以降の集客策として運行を始める。
 2009年3月の「阪神なんば線」(尼崎―大阪難波)開通で両社の線路がつながり、普通列車は相互乗り入れを始めたが、近鉄特急が阪神線へ乗り入れたことはなかった。乗車運賃と別に特急料金が上乗せされる近鉄と、不要な阪神との間で料金制度を巡る溝が埋まらなかったためだ。
 来春以降は旅行会社が取り扱う団体客向けの貸し切り列車として運行する。停車駅や料金などは今後詰める。定期運行の開始に向けた協議は両社間で続けていく。(後略)

乗り入れは誰でも考えることですが、有料特急が走る近鉄と、料金不要の列車ばかりの阪神では風土が違いすぎるのでしょう。直通後5年にして初めて実現することになります。まずは阪神側で個別に発券する必要がない団体列車から。

神戸から伊勢方面に直通の列車というのも人気が出そうですが、予約や料金徴収システムを阪神側でも構築しないといけないのが、定期化する場合にはネックになりますね。

今後に期待したいです。というより、個人的には早く一度直通線に乗ってみたいのですが丁度いい機会がありません…

Sannnomiya

前に、妄想っぽいと書いた阪急と神戸市営地下鉄の直通。それを前提に上の図のような再開発計画を考えておられるブログもあったりします。

どうも数年前、阪急が「三宮駅の地下化と地下鉄乗り入れ」を提案するも神戸市側が冷ややかな反応をしたことがある様子。今回は逆に市側からの提案のようですから、実現の可能性が高いかもしれません。

とはいえ、この計画、阪急の神戸高速鉄道乗り入れをやめて地下鉄へ繋ぐというものだそう。そうなると、以前阪急京都線から神戸への利用があった私としてはむしろ不便に感じます。梅田にせよ、三宮にせよ、阪急~阪神の乗り換えは近いとは言えませんから、阪急沿線の乗客がJRに逃げるだけのような気がします。神戸市営地下鉄沿線の人は良いかもしれませんが…

Awaji1_2

最後に、高架工事が進む阪急淡路駅と、北側が工事進行中の「おおさか東線」の話題。

Awaji3

まずは淡路駅(緑丸)周辺。google mapの航空写真では、高架の準備工事が始まった頃のように見えます。

右上の緑地を伴った斜線が、現在は貨物専用線で、「おおさか東線」に改造中の線路。旅客化のあかつきには、阪急と乗り換え可能な位置に淡路駅が出来るようです。

下側には、用地買収の終わっている道路用地が。阪急と「おおさか東線」の工事が終わるのに合わせて、幅の広い道路として供用されるものと思われます。

いろんな都市計画が見えて面白い一角です。淡路の高架工事も気になるので、年明けに関西に行く用事があるので立ち寄ってみるかな…

Awaji2

上の写真の北側。貨物船が吹田駅のほうへ向かうところ(地図で<14>と出ているあたり)を見てみました。東海道線と「おおさか東線」が合流するのが写真の左下。今は工事がもっと進んでいると思いますが、この短絡線のために土地が用意されていたのが分かります。

もっというと、扇のように分岐する(ことになる)2本の線路の間にも、「線路用地ではないのか?」と勘ぐる不自然な幅の道路があります。これが何なのか、線路ならどこへ向かっていた(向かうつもりだった)のか分かりませんが、妄想は自由

« スターフライヤーの格納庫が完成間近か | トップページ | スターフライヤー、来春福岡~関空を運休して福岡~中部就航へ »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来春、ついに近鉄特急が阪神三宮へ乗り入れ。まずは団臨から:

« スターフライヤーの格納庫が完成間近か | トップページ | スターフライヤー、来春福岡~関空を運休して福岡~中部就航へ »

無料ブログはココログ