« 2015年3月開業の東北縦貫線の愛称は「上野東京ライン」に | トップページ | スカイマークが導入するA330-300はゆったりシートとミニスカCA!? »

2013年12月10日 (火)

新規航空会社「リンク」の夢ついえる!?北九州空港にとっても寂しい話題

先ほどからネットニュースで流れている話題に衝撃を受けています。

地域航空リンク、自己破産か

 航空事業への参入を目指していた地域航空会社リンク(福岡県福岡市)は12月9日午後、自己破産を申し立てた模様だ。2人の関係者が明らかにした。
 リンクは2012年4月に設立。福岡空港を拠点に14年3月就航を目指していた。就航時の計画路線は、福岡-宮崎線と福岡-松山線、北九州-松山線の3路線だった。同社がウェブサイト上で公表している12年9月末時点での資本金は2億3000万円。
 リンクはATRのターボプロップ機ATR 72-600型機(68席から74席)を、リースで3機導入予定だった。11月に機体の受領が予定されていたが、手続きの遅れなどを理由に先延ばししていた。このまま会社に対する支援が行われない場合、日本の航空会社としては初のATR機導入は幻となる
 Aviation Wireでは10日午前8時、9時、10時に同社の2つの電話番号へ電話をかけたが、応対する人はいなかった。関係者の話によると、資金が十分に集まらなかったようだ。

Ja01lk

先月初めに初号機(JA01LKとして登録予定)の完成後の姿が出てきて、テスト飛行も行われていましたが、なかなかデリバリーされませんでした。

リンクのウェブサイトにも、リース元となるNordic Aviation Capitalのサイトにも情報が出ずにやきもきしていたのですが、今回のことに全てつながるものだったのですね。

順調であれば、今時ですからwebに新機材の完成やデリバリーの告知くらいしそうなものです。機体は完成したものの、資金繰りは以前から苦しかったということですね。それにしてもこのタイミングでの破綻とは

Img_2653

北九州空港にも就航予定でしたし、先日こんなロゴ入りの車を見つけて喜んでいたのが馬鹿みたい

来春、スターフライヤーの釜山便がなくなっても、リンクが増えれば少しは賑やかになるなと思っていたので、地元民としては残念な限りです。

資金面で支援するところが現れれば… という希望もありますが、会社立ち上げを支援していたスターフライヤーも経営的には厳しいですから、残念ながらこのまま精算という可能性が高いように感じます。

Jf1

マンデラ元大統領追悼に向かう政府専用機(JF1)が間もなくヨハネスブルグに到着するようです。現地は今早朝(6時前)ですから、今日の日中追悼行事に参加して、トンボ返りというスケジュールと思われます。列席者も運用する方もご苦労様です。

ここに見える機影の中で、SIA478はシンガポール発の定期便ですが、それ以外は我が国のJF1のほか、NGR1がナイジェリア政府の機材です。AIC1はAir Indiaの機材ですが、「1」というコールサインはやはりVIPフライトか。CL60と出ているのはflightradar24ではレジが確認できないビジネスジェットですが、アフリカ北部あるいは欧州からと思われるコースですので、列席者かもしれません。

« 2015年3月開業の東北縦貫線の愛称は「上野東京ライン」に | トップページ | スカイマークが導入するA330-300はゆったりシートとミニスカCA!? »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2015年3月開業の東北縦貫線の愛称は「上野東京ライン」に | トップページ | スカイマークが導入するA330-300はゆったりシートとミニスカCA!? »

無料ブログはココログ