« 台風24号の置き土産? | トップページ | 徳佐にりんご狩りに行くついでに、山口線の被害状況を見てきた »

2013年10月11日 (金)

JA01MCが旅立ったことを書く前に、我が家のシーチキンが回収対象だったことに触れておかねば

先ほどニュースを見ていたら、こんな報道が
(クマは内容に関係ありません)

Img_1507

シーチキンを自主回収へ はごろもフーズ、672万缶

 缶詰製造大手のはごろもフーズ(静岡市)は11日、主力製品「シーチキン マイルド」約672万缶を自主回収すると発表した。アレルギー症状の原因になるとされるヒスタミンが、一部の製品から社内基準を超えて検出されたという。
 回収対象は「シーチキン マイルド」(558万缶)▽「素材そのままシーチキン マイルド」(97万缶)▽「シーチキン マイルド(キャノーラ)」(17万缶)。ふたに記載の製造所固有記号は「SO28」で、賞味期限は2016年7月7日~8月27日となっている。
 同社によると、猛暑のため、原料のカツオを保管する工場の冷蔵庫の温度が下がらず、カツオに含まれる酵素が増殖したため、カツオに含まれるアミノ酸がヒスタミンに変質したとみられるという。「味に違和感を感じる」「舌がピリピリする」という問い合わせが計6件寄せられた。
 静岡県焼津市内の委託業者が製造した。対象製品をはごろもフーズに着払いで送り、代金を受け取る。問い合わせは同社お客様相談室(0120・85・6004)。

我が家でも定番で、たいてい買い置きがあります。妻が出してきたのがこれ。

Img_1508

賞味期限と製造所番号、ドンピシャでした。

あと一つ、使いかけのやつが冷蔵庫にありました。幸い食べた家族は特に違和感を感じていないのですが、困ったことに、開けると捨ててしまうフタの部分に消費期限等が刻印してあるので、該当品かどうか分かりません。

開封後は早めに消費するのが原則ですから、蓋に消費期限を刻印しても問題ないということでしょうが、今回のようなケースを考えると、容器として残るほうに刻印があったほうがいいですね。

返送するときに提案してみよう。技術的にどうなのかな…

9201_2

さて、10/3をもって退役したJA01MCは、今朝5時過ぎに北九州空港を飛びたって南に向かいました。

9201_2_2

3時間ほどの飛行でマニラに到着。ここで整備を受けた後、スペインの航空会社で次の活躍の舞台が待っているということです。

01mc5

お疲れ様でした。

Linklogo

次の興味は、最近かわいらしいロゴにかわったリンクの初号機(ATR72-600; レジはJA01LKの予定)のデリバリー(10月中の予定)。そしてスターフライヤーは12号機(JA22MC)。

いずれもまだ完成していないようですが、JA22MCで検索すると、車の「ジムニー」の部品などが引っかかって来るので混乱します。

« 台風24号の置き土産? | トップページ | 徳佐にりんご狩りに行くついでに、山口線の被害状況を見てきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風24号の置き土産? | トップページ | 徳佐にりんご狩りに行くついでに、山口線の被害状況を見てきた »

無料ブログはココログ