« ボーイング787-9初号機がロールアウトしましたね | トップページ | ブラッと東北へ2(仙石線代行区間を利用してみた) »

2013年9月 3日 (火)

ブラッと東北へ1(利府をかすめて石巻まで)

関東大震災から90年という節目を迎えた防災の日、それに合わせてか、連ドラの「あまちゃん」の中でもついに震災が発生しました。

ドラマとは関係ないですが、一度この目で被災地を見ておかねばと思っておりました。2年も経ってしまいましたが、ようやく機会が作れたので、被災地部分はちょっとだけですがレポート。

Img_1330

前の日に飛行機で東京入りし、翌朝の東京駅。弁当コーナーの「ウツボのねぐら」かと思わせる光景にギョッとしました。もちろんウツボの群れではなくE5系、E6系ですが…

私はその右にある「カレーメンチ」に惹かれて購入。鳥取産とのこと。他にもご当地メニューが並んでいました。種類が多いのはいいけど「東京らしさ」はどこへ?とも思ったり…

Img_1332

東北新幹線のピクトグラムは、未だに200系でした。

Img_1334

新幹線ホームに上がりました。
私と同じく記念写真を撮っている方を発見。

Img_1336

山形方面の「つばさ」と仙台行きの「やまびこ」の停車位置がずれています。併結があるときもないときも、山形・秋田方面行きの乗車位置を同じにするための工夫だと気づくのにしばらくかかりました。

Img_1342

東海道新幹線と違って編成の種類が多いので、停車目標が賑やかですな。

Img_1351

E5系「はやぶさ」が入線。近づくとノーズの長さが際立ちます。

Img_1367

ノーズが長い分客室が狭くなっている1号車に乗車。10号車のグランクラスに対して、「プチグランクラス」だと書かれている方もありました。

満席に近かったときに、賑やかすぎるのはイヤだなぁと思って1号車を選んだのですが、幸か不幸か席は空いておりました。朝6:32発ですもんね。

Img_1369

この日の朝食のカレーメンチカツサンドと切符。

代行バスの区間も通しで乗車券が買えるので、仙台→小牛田→石巻線→仙石線経由の乗車券を購入しておきました。

Img_1385

仙台到着。

宇都宮から先320km/h運転だというので期待していたのですが、全くそう思わせないですね。すごい技術なのだと思いますが、物足りない面も… 300系が270km/h走行を始めたときは「大丈夫か?」と思うこともありましたから

Img_1390

仙台駅に、岩切から支線に入る利府行きが到着。

この名前を聞くとSUPERBELL'Z MOTER MAN 利府支線を思い出してテンションが上がります(youtubeへのリンクあり)

Img_1395

テンションが上がった勢いで、小牛田行きの1本前の利府行きに乗車。気分だけ「利府!利府!利府!利府!」となりながら、岩切で降りました。

写真は小牛田行きが到着して通常のテンションに戻ったところ。

Img_1396

仙台で在来線に乗って、もうこれは文化の違いだと感じたのは、ボタンを押してドアを開けないと降りられないこと。

西日本でも冬期に手動になる地域がありますが、こちらでは季節は関係ない様子。エアが抜けてちょっと開く、といった変化があればまだ分かるのですが、電動なので「気配」がありません。他の列車ですが、乗ろうとする人に結果として開けて貰ったことも…

寝てたら駅到着に気づかないだろうなぁ、というのが個人的懸念。

Img_1398

小牛田に到着。広い構内に、昔は(失礼!)交通の要衝であったことに思いを巡らせます。

Img_1403

座席が2-1配置のクロスシートというのが新鮮でした。通学時間帯など立ち客が多い時間への配慮と、ロングにしないのは空いている便も多いから?

Img_1409

石巻には石ノ森萬画館があって、駅まで石ノ森キャラが満載です。

« ボーイング787-9初号機がロールアウトしましたね | トップページ | ブラッと東北へ2(仙石線代行区間を利用してみた) »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラッと東北へ1(利府をかすめて石巻まで):

« ボーイング787-9初号機がロールアウトしましたね | トップページ | ブラッと東北へ2(仙石線代行区間を利用してみた) »

無料ブログはココログ