« ブラッと東北へ2(仙石線代行区間を利用してみた) | トップページ | 名古屋でリニア・鉄道館をチラ見 »

2013年9月 5日 (木)

ブラッと東北へ3(仙台空港から名古屋へ)

仙台駅の「牛タン通り」で腹ごしらえしました。

Img_1443

そのあとは、常磐線に乗って、この春運転を再開した亘理~浜吉田へ。

Img_1445

ここでも、本来あるべき山下駅の部分は隠してあります。

Img_1446

駅舎側のホームのみが使用されており、跨線橋は立ち入り禁止になっています。

Img_1444

山下側を望む。この先はルート変更が予定されているとのこと。亘理~浜吉田は同一ルートでの復旧が決まったために、先行して再開通となったようです。

相馬までの不通区間の代行バスは亘理から出ており、浜吉田は駅から離れた国道6号線沿いにバス停があります。

Img_1463

次の移動のため、少し引き返して(折り返しの間にちゃんと簡易読み取り機にSuicaをピッとしましたよ)、仙台空港へ。

降りてきたのはANAからAIR DOに移籍したJA11AN。そういえば以前、伊丹で整備中のところに会いました。

Img_1469

お次はスカイマーク。海側からの着陸なので、こういう海が入るショットが多くなりますが、海岸線の復旧工事がまだまだ続いているのが分かります。他の向きでも工事現場がとにかく多い。

Img_1481

JALの"The Arc of the Sun"ももはや少数派。若干の経年変化と、今の鶴丸よりクリームがかった機体色のために、くすんで見えます。

Img_1488

搭乗予定の飛行機が遅れるとのことで、ラウンジに引っ込んだところ、ハワイアン航空が到着。尾翼のマーキングもレジも隠れているとんでもない写真ですが、ウイングレット付きのB767(多分初目撃)と分かるのでヨシとしましょう。

Img_1492

こちらは鶴丸のCRJと、ピンクのPeach。

CRJはドアがそのままタラップになるのが特徴ですが、こうやってPBBを付けることも出来るんですな。

Img_1494

名古屋行きのIBEXは、名古屋からの使用機材が雷雨で遅れた(地上作業が出来ないと説明されていた)ためにスポットが変わりバス搭乗…

個人的には飛行機の翼やエンジンが近くで見れるので好きですよ。急ぎのとき以外。

Img_1496

搭乗後に空港の全景を。

Img_1500

IBEXのCRJ700に乗るのは初めてでしたが、LED照明で機内は明るい。小型故に荷物入れが低めなので、窓際の席で勢いよく立つとぶつかります。多分。

今回の仙台滞在時間はこの便(機材)に乗るために後ろが決まり、逆算して朝イチのはやぶさに乗ることになった(こちらもE5系初乗車)というのが実情であります。

Img_1505

雲の合間、揺れるんじゃないの?という若干の不安を感じながらも安定して飛んでいきます。カートは入りませんが、CAさんがお盆を持って飲み物を勧めてくれます。

CRJ100/200の1人CAと違ってCRJ700は70人乗りに2人体制なので、テキパキとサービスが進む感じです。

Img_1508

名古屋到着は暗くなってから。

最初のもくろみではセントレアの展望デッキで撮影するつもりだったのですが、到着遅れと雨模様も相まってとりやめ。

Img_1511

丁度名鉄の空港アクセス特急「ミュースカイ」が出るところだったので躊躇なく乗り込みました。ホームドアがあるので、車両の全貌が見えない…

Img_1513

車内はこんな感じ。

Img_1514

座席券はチケットホルダーに挿しておけば、寝ていても大丈夫な様子。

この特別車両券(ミューチケット)、何と英語表記は"FIRST CLASS CAR TICKET"ですよ ロングシートの普通車両と比べればfirst classでおかしくないのかもしれませんが、新幹線の普通車並みのシートですから、ファーストクラスという言い方は若干誇張に感じます。

お値段的には350円でゆっくり座っていけるのですからマルです。

« ブラッと東北へ2(仙石線代行区間を利用してみた) | トップページ | 名古屋でリニア・鉄道館をチラ見 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラッと東北へ3(仙台空港から名古屋へ):

« ブラッと東北へ2(仙石線代行区間を利用してみた) | トップページ | 名古屋でリニア・鉄道館をチラ見 »

無料ブログはココログ