« 鷹の爪の劇場版を見てきました | トップページ | 「アンダーパス」に冠水警告が増えていました »

2013年9月23日 (月)

JR北海道は安全の基本を忘れてしまったのか?

繰り返し報じられているJR北海道のトラブル。

特急車両のトラブルが出始めた頃は「高速、長距離走行で酷使しているし、こういうこともあるか」という程度の認識だったのですが、今回の脱線事故でかなり根深い問題があることが明らかになりました。

JR北海道、レール補修せず放置97か所に

 JR北海道は22日、北海道七飯町のJR函館線大沼駅で19日に起きた貨物列車(18両編成)の脱線事故後に進めた調査で、レールの幅や高低差が基準を超えていて補修が必要にもかかわらず、放置していた線路の不具合が新たに88か所で確認されたと発表した。(中略)
 21日に判明した9か所の不具合は、いずれもレール幅の広がりが、同社の内規で定める基準値(カーブで19ミリ、直線で14ミリ)を超えたケースだったが、新たに見つかった88か所の中には、左右のレールの高さが違ったり、レールが波打つようにしてゆがんでいたりしたケースもあった。
 内規では、レールの異常が基準値を超えた場合、15日以内に補修を行う決まりになっているが、いずれも放置されていた。補修担当者は社内調査で、「基準値超えを把握していたが、その後に失念した」「本線の補修を優先し、副本線を後回しにしてしまった」などと釈明している。
 同社は20~22日、97か所の不具合について、レールの位置を修正して固定し直す補修を終えた
(2013年9月22日23時24分  読売新聞)

最初97ヶ所と聞いたときは、「軽微な異常だが今のところは規定内で、いずれ補修を要する場所」の数だと思いましたよ。規定を越えた箇所の数と知って目が飛び出しそうになりました。

車両の保守も大切ですが、それを走らせるレールの保守がしっかりしていることが鉄道の保安の基本と思っていました。愚直に保線を行う姿勢が鉄道マンの誇りの一つではないかと。

記事をまとめると、内規で15日以内に補修を行うことになっているレールの異常が放置されていたのが97ヶ所。しかしそれらに対しては問題が表面化してから2-3日で補修を終えたと。

補修が追いつかない程のレールの異常が次々と発生していたのではなく、何らかの理由(原因)があって、補修に取りかかるのを延ばしていた(控えていた)としか考えられません。

予算の都合で保線に人や物資を投入できない?
異常箇所が多いと上から良く言われないために、ついつい報告が遅らせたり数を誤魔化すようになっていた?
何となく「このくらいは大丈夫」という、規定値を無視する雰囲気が現場にあった?

車両トラブルのほうも同じような背景があったとしたら…

安全第一である鉄道会社としては基本的なところで拙すぎます。原因を精査してJR北海道に改善を求めるのは当然ですが、同業他社や異業種の業務改善の参考になるように、精査した内容を明らかにして欲しいと思います。

Img_2103

芝刈りを終えた後の芝生に走る白い線。

Img_2104

知らぬ間に芝の間にオリーブの根っこが伸びてきいて、一部芝刈り機で傷を付けてしまいました。踏むと確かに固い感触があるんですよね。

切るわけにもいかないし、どうしたものかな…

Img_2099

どうしたものか?をもう一つ。

カボスについたアゲハの幼虫が順調に大きくなってしまいました。おそらくは4齢か。

« 鷹の爪の劇場版を見てきました | トップページ | 「アンダーパス」に冠水警告が増えていました »

航空・鉄道」カテゴリの記事

家(DIY・ガーデニング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR北海道は安全の基本を忘れてしまったのか?:

« 鷹の爪の劇場版を見てきました | トップページ | 「アンダーパス」に冠水警告が増えていました »

無料ブログはココログ