« 今日の庭8/10 | トップページ | ついにSFJのグアム便にJA09MCが充当。そして、9月には「鷹の爪JET」が就航!? »

2013年8月12日 (月)

熊本空港のRNP-ARアプローチが見たい!

世間はお盆休みの雰囲気の週明け。私の職場はお盆はあまり関係ありませんが、何となくのんびりしておりました。

一応報告しておくと、11日のグアム行き、12日の帰りはいずれも鹿児島経由でした。機材は変わらずJA08MC

Img_1476

全く関係ないですが、今宵は大海酒造の「くじら」で一献。よく見るとKUGILLAと書いてあるのが面白いです。同じメーカーの「海」のほうが香りが良くて好きですが、手に入りにくい。

以前、北九州空港や松山空港のRNP-ARアプローチのことを書きましたが、他にも導入が進んでいる空港があります。

まずは北九州空港とは目と鼻の先の山口宇部空港。

Rjdc_rnp_25

東京から到着するときは、空港上空を一度通り過ぎ(high-station)、北九州空港から見えるくらいのところでUターンして最終進入(東から着陸するときはサークリング)というのが標準になっていました。(レーダー誘導でコースが変わりますが、基本空港西側に誘導されます)

RNP-ARアプローチでは、東側から直接進入できるルートが設定されました。進入開始点のKATTAは、以前話題になったペリカンのカッタ君からとったのでしょうか。

いっそまっすぐ降りてもいいんじゃないかと思ったりしますが、延長線上に防府基地があったりしてそう簡単ではないのでしょう(出来るなら昔からやってますよね)

Rjdc_25_2

最近、JALのB737-800はよくこのアプローチを行っています。ANAのB787もRNP-AR方式の認証を持っているという記述も見ますが、それらしい航跡を見ませんし、積極的にRNP-AR方式にふれることもANAはしていないようです。

Rjft_rnp_y

興味深いのが熊本空港。

空港の東側にはご存じのとおり阿蘇山が控えていますから、旧来の方法では東側に着陸ルートを設定できず、西側から最終進入というルートとなっています。ここも東京や大阪からの便が多いですから、風向きの具合で東から着陸したいときに、西に出るのは遠回り。

RNP-ARアプローチでは外輪山のふもと(FUMOT)をぐるっと回って高度を落とし、東側から着陸できるルートが設定されました。

Rjft_rnp_z

更にアツいのがこちらのルート。大観峰付近(DIKAN)からカルデラ内に切り込んで、外輪山の切れ目(国道57号線や豊肥線が通るところ)を抜けると目の前は空港というルートです。阿蘇の観光に来ている人はビックリするでしょうし、機内からの風景も迫力がありそうです。

RNP-ARでこのように飛ぶのが可能なら、なぜ上のような緩めのルートも設定されるのか?下のルートはマージンが少ないのか、適用可能な気温条件が厳しくなっています。

惜しむらくは、現在熊本空港周辺にFlightradar24のフィーダー(飛行機からのデータを受信して提供して下さる方)がいないこと。降下していった飛行機が阿蘇を越えようかというあたりで見えなくなるので、RNP-ARアプローチの運用を実感することが出来ません。どなたか是否。

« 今日の庭8/10 | トップページ | ついにSFJのグアム便にJA09MCが充当。そして、9月には「鷹の爪JET」が就航!? »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本空港のRNP-ARアプローチが見たい!:

« 今日の庭8/10 | トップページ | ついにSFJのグアム便にJA09MCが充当。そして、9月には「鷹の爪JET」が就航!? »

無料ブログはココログ