« 大韓航空機のオーバーランの件はそこそこに、地元の北九州モノレールのトラブルのことなどを書く | トップページ | 8月9日からの山口線・山陰線運転予定 »

2013年8月 6日 (火)

山口線宮野~地福、山陰線長門市~奈古の運転が再開しましたが、完全復旧には道遠し

7月28日の水害による運転見合わせが続いている山口線、山陰線ですが、一部区間で運転が再開し、またバス代行も本格的に始まっています。JR西日本のこのページを元に報告します。

Higai1

まず、被害の現状については、「現在も道路の封鎖などで設備に近づくことができない箇所や、土砂の流入などによって線路に立ち入ることのできない場所もありますが、これまでに橋りょうの流失や土砂流入などの甚大な被害がある」と記載されており、まだ復旧に向けての計画を立てる段階にもなっていないようです。復旧には時間がかかることを理解して欲しいというふうにも読めます。リンク先に被害状況の概略がありますので、山口線部分のみ切り出し。

Higai2

ついで、運転再開やバス代行の状況について。

山口線は宮野~地福の運転が再開し、地福~益田のバス代行が開始されました。

山陰線は長門市~奈古の運転が再開し、奈古~益田をバス代行の計画のようですが、宇田郷~須佐については並行する国道191号線が通行止めのため、この復旧を待つ必要があるようです。

#8/7追記:国道191号線の開通に伴い、8/9から奈古~益田でバス代行が始まると告知されていました。これで代行とはいえ通り抜けることが可能になります。

現在の運転状況についてはこちらを参照してください。変化があればその都度報告していきます。

Dep1

3便目となった8月5日発のグアム便。今回は行き(SFJ9650)も高知-串本経由。

Arr3

6日の帰国便(SFJ9651)も、同じルートでした。前の便より盛大にショートカットしており、高知から北九州空港への進入点であるASARIに直行という感じです。

他社の便も表示される状態で画面のコピーをとりましたが、朝5時過ぎでも、早朝に羽田や成田に到着する便、韓国方面へ飛んでいく便、と結構賑やかです。

« 大韓航空機のオーバーランの件はそこそこに、地元の北九州モノレールのトラブルのことなどを書く | トップページ | 8月9日からの山口線・山陰線運転予定 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 大韓航空機のオーバーランの件はそこそこに、地元の北九州モノレールのトラブルのことなどを書く | トップページ | 8月9日からの山口線・山陰線運転予定 »

無料ブログはココログ