« SFJのグアムからの帰国便と、JALハピネスエクスプレスを撮ってきた | トップページ | 山口線宮野~地福、山陰線長門市~奈古の運転が再開しましたが、完全復旧には道遠し »

2013年8月 6日 (火)

大韓航空機のオーバーランの件はそこそこに、地元の北九州モノレールのトラブルのことなどを書く

米軍ヘリの墜落事故、大韓航空機が新潟空港でオーバーランと、昨日はヒコーキ関連で騒がしい話題が続きました。

前者は基地内だから民間への被害がなくて良かったようなものの、基地内故に被害状況や原因究明などで手が出せないもどかしさがあります。

後者はこう言っちゃいけないんだろうけど「またか!」と言いたくなる。サンフランシスコで墜落したアシアナ航空とは会社は違いますが同郷、大韓航空は2007年に秋田空港で滑走路でなく誘導路に誤着陸した前科があります。

そんなトラブルの陰で、全国ではほとんど報じられていないのではないかというマイナーな件をご報告

Monorail

電気系統に異常か、約50分運転を停止 北九州モノレール

 5日午後2時43分ごろ、北九州モノレールを運行中の全5列車で電気系統の異常を示すランプが点灯したため、運転手が最寄り駅に停車させた。このトラブルで約50分間、全線で運転を見合わせた。上下線計12本が運休するなど乗客約900人に影響が出た
 北九州高速鉄道によると、1列車にでも異常があれば、全体の安全運行のため、運行中の全列車で異常ランプが点灯するシステム。守恒駅に停車中の下り列車で異常が起きた可能性が高いという。同社が詳しいトラブルの原因を調べている。

北九州モノレールの沿線に住んで5年になりますが、大きなトラブルもなく堅実に運行されているなと思っていました。

走行中のいずれかの列車に異常があれば、全列車を駅で足止めするような仕組みになっているのは初めて知りました。下手に動いて駅間で停まってしまうと地上を走る鉄道以上に大変なことになりますから、全列車を停めてから安全確認、というのは当然の仕組みですね。(区間運行などそもそも想定していないでしょうし)

この手のニュースの最後にはたいてい影響を受けた人数が出ますが、12本が運休して900人、1列車あたりは75人、4両編成ですから1両あたりは20人弱…

昼下がりの利用者の少ない時間帯なのでこんなもんかなぁ… ニュースを見て、今回のトラブルそのものよりも、こっちのほうが「大丈夫かな?」と思ってしまいました。モノレールの運休で新幹線や特急に乗り遅れた、という方がいなかったことを願います。

Wakato

次は若戸トンネルで消防車(水難救助工作車)が横転したという事故。

若松での水難救助に向かおうとしていたところとのこと。元々救助対象であった女性は周囲の人に助けられて無事、消防隊員も軽傷であったということです。そんな急カーブでもないところですが、何があったんでしょうか?開通したばかりの若戸トンネルが通行止めになったとのことで、こちらでは結構大きく扱われていました。

ニュースの動画はこちら。

写真はニュースとは関係ありません。北九州市時と風の博物館というサイトから拾ってきました。会員が地元の写真などを登録していくシステムなんですね。知らなかった

最初の写真はモノレール小倉駅、後のは若戸トンネルです。

« SFJのグアムからの帰国便と、JALハピネスエクスプレスを撮ってきた | トップページ | 山口線宮野~地福、山陰線長門市~奈古の運転が再開しましたが、完全復旧には道遠し »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SFJのグアムからの帰国便と、JALハピネスエクスプレスを撮ってきた | トップページ | 山口線宮野~地福、山陰線長門市~奈古の運転が再開しましたが、完全復旧には道遠し »

無料ブログはココログ