« ウミガメの交雑が問題とする記事がある一方で、ブラックバスの放流を続ける湖もあり… | トップページ | 隠蔽工作をされつつ「ななつ星in九州」用の機関車が九州入り »

2013年7月 2日 (火)

長崎バイオパークにカバの赤ちゃんを見に行ったらテレビの取材が

6月初めに長崎バイオパークでカバの赤ちゃんが生まれたと聞き、天気予報で梅雨の晴れ間になりそうなのを信じて出かけました。

結果は前半雨にたたられましたが、まぁ結果オーライ。とりあえずカバを見てきた件の報告。(カバの赤ちゃんのことや、カバ一家の構成などは園のサイトに詳しく載っています)

Img_0047

雨に降られてカピバラも「濡れ鼠」になっておりました。
屋根のあるところでかろうじて「触れ合い」

カバのところにたどり着いて、「赤ちゃんいないなぁ」としばらく見ていると…

Img_0081

 (分かりますか?真ん中)

Img_0084

授乳していたのか、何回かは息継ぎに一瞬顔を出す程度。そのうちようやく上半身?くらいを母親の「ノンノン」に預けるように出してくれました。

Img_0091

小さくて、親に比べるとツルツルで、いかにも赤ちゃんですが、飼育員の話では生まれたときが30kgほど。もう50-60kgはあるのではないかと。親が1.5t以上だそうですから、それと比べれば決して大きすぎることはないのですが…

Img_0096

そのうちに、テレビクルーが撮影を始めました。エサをもらっているのは2歳になったばかりの「百吉(ももきち)」

Img_0098

こちらは百吉の母親「モモ」。人工哺育で育ち、「泳げなかったカバ」として有名になりました。

そう。取材を受けているのは、モモの飼育にも関わった伊藤さんです。

百吉が旭川の旭山動物園に引っ越しすることになり、親子一緒の展示は今日まで。明日には親子を分けて、重機や移動用のオリを搬入するルートを確保して、という段取りを説明していました。移動の日の撮影の段取りなども打ち合わせ中。

親子水入らずの最後の日に運良く立ち会えました。

#本日7/2に無事に出発した様子。テレビ東京のソロモン流、旭山動物園の特集でカバの引っ越しも取り上げるそうです(放送日未定)

Img_0102

モモ、百吉親子が取材を受けながらエサをもらっていると、ノンノン親子も水から上がってきました。赤ちゃんは親から離れないのでなかなか全体を撮らしてもらえません。

Img_0106

ノンノンもキャベツをパクリ。

実はこのノンノンはモモの母親。モモの子育ては上手くいかなかったけど今回の赤ちゃんは上手く授乳しています。さらに、旅立つ百吉から見ると、「おじさん」が年下という妙な関係です。

Img_0115

干し草が与えられて食事タイムになりましたが、赤ちゃんはまだおっぱいだけのようで、ごはんの中でゴロゴロ…

#7/5追記:
7/4に、赤ちゃんカバの名前が「ムサシ」に決まった件、旭山動物園に旅立った「百吉」が無事に到着した件、それぞれバイオパークから発表がありました。旭山動物園の飼育ニュースにも、百吉到着の情報が載っています。

とまぁカバその他、堪能することができました。おかげでスターフライヤーのJA20MCの到着は見逃すことになってしまいましたが

Ja20mc
(写真はスターフライヤーのリリースから)

« ウミガメの交雑が問題とする記事がある一方で、ブラックバスの放流を続ける湖もあり… | トップページ | 隠蔽工作をされつつ「ななつ星in九州」用の機関車が九州入り »

航空・鉄道」カテゴリの記事

子どもとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ウミガメの交雑が問題とする記事がある一方で、ブラックバスの放流を続ける湖もあり… | トップページ | 隠蔽工作をされつつ「ななつ星in九州」用の機関車が九州入り »

無料ブログはココログ