« 今日の庭7/15 | トップページ | 新規航空会社「リンク」が福岡・北九州を拠点に松山・宮崎へ就航を発表 »

2013年7月16日 (火)

いのちのたび博物館の「世界の昆虫展」に行ってきた

Img_0336

今朝、北の空を見上げると一筋の飛行機雲。

とっさにflightradar24を確認すると、UPSのB747のようです。上海まで?

さて、連休最終日(海の日)は、定番の「いのちのたび博物館」へ行ってきました。

Img_0317

夏休み企画の「世界の昆虫展」を子供が楽しみにしていたから。もちろん、妻はお留守番。

Img_0299

蛇足ですが、駐車場が混雑していて、案内されたのは本来の駐車場ではない、建物間近のスペース。これはもうけもの。

Img_0304

北九州高校の魚部(ぎょぶ)が一コーナー作っていました。小さな水生昆虫の展示。

Img_0302_2

ホントに小さな虫たちの展示で、見た目では大きさの違いくらいしか分かりませんが、壁に100倍に拡大した写真が貼られていました。

部員と思われる高校生が熱心に説明してくれますよ。

Suisei

こちらは見かけることが少なくなった大型の水生昆虫の代表格。ゲンゴロウとタイコウチ。

Img_0307

例によってクイズラリーがあります。「チョウの触角は何本?」

息子が「2」と書いているので、「2本じゃなくてこっち(選択肢)の番号を書くんだよ」と言うと、「触角って何?」

そうきたか…

幸い目の前に大型のチョウの標本があるので、触角を教えて数を確認していただきました。

Img_0312_2

擬態の展示があって、ランの花に似せたハナカマキリ(ハナビラカマキリ?)がいるのが珍しいかもしれません。

「この間ダーウィンが来たでやってた」

良く覚えてますね。

Img_0313

こちらはコノハムシ。本当によく見ないと分かりません。

あとは、巨大なナナフシが結構キモチワルイです

Img_0306左の写真は、昆虫化石の展示からゴキブリの化石。

サソリやタランチュラといった、「昆虫」ではない虫が混ざっているのが微妙ですが、今回は擬態をしている昆虫の展示が多いのが見応えあります。

魚部の活動も応援してあげましょう。

Img_0318

リニューアルした常設展も見て回ります。

入ってすぐティラノサウルスが出迎えてくれるようになったのと、このスペースの壁に恐竜の映像資料が投影されるようになりました。なかなか雰囲気があります。

動く恐竜ロボットの出てくるジオラマ展示に上の子は行きたがったのですが、下の子は怖がって断念。上の子が一人で行ってくれれば済む話なのですが、それは無理らしい…

Img_0324

カエルの展示は引き続きあります。

Img_0330

前にも書きましたが、ひっつき虫のついたタヌキの剥製は健在?です。

Img_0331

里山の地面付近が覗けるドームも変わっていませんが、目の前に配置されたヘビが増えたような気がしました。

« 今日の庭7/15 | トップページ | 新規航空会社「リンク」が福岡・北九州を拠点に松山・宮崎へ就航を発表 »

子どもとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

え?どれがコノハムシですか?

真ん中の大きな葉っぱの下としか…
やぶれた葉っぱに見えるのがコノハムシです

やっぱり!
そうじゃないかとは思いましたが。うわぁ、すごいわ。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いのちのたび博物館の「世界の昆虫展」に行ってきた:

« 今日の庭7/15 | トップページ | 新規航空会社「リンク」が福岡・北九州を拠点に松山・宮崎へ就航を発表 »

無料ブログはココログ