« 新規航空会社「リンク」が福岡・北九州を拠点に松山・宮崎へ就航を発表 | トップページ | 「ななつ星 in 九州」の車両、客車も黒ずくめで九州到着 »

2013年7月18日 (木)

スターフライヤー、福岡~関西便の就航を発表

昨日は新規航空会社リンクの就航計画について書きましたが、SFJも以前から情報のあった福岡~関西便の就航時期について発表しました。

Edgy

10月1日からだそうです。9月に11号機(JA21MC)を受領する計画になっていますので、その到着を待ってということでしょう。運用はダイヤの発表を待って考えましょう。

しかし、「伝説」とはどういうことでしょう?

Ega伝説といわれると、どうしてもこの人の姿が思い浮かんで、SFJのブランドイメージとの違いに慄然とwします。

また、'edgy'とは?

直訳すると「刃が鋭い、輪郭がはっきりした」という意味ですし、いい方向の解釈としては「粋な、おしゃれな」という意味になります。しかし、辞書を見ると「イライラしている、短気な」という意味や用例も挙げられており、ちょっと「どうなの?」と思ってしまいました。

今度はpeachやJetstar Japanと競合しますから、SFJらしいサービスに加えて、思い切った価格設定がないと食い込めないのではないでしょうか?その覚悟もあってのedgyか?

昨日の続きで、リンク就航に関する愛媛県側の報道。

松山-福岡・北九州開設へ 地域航空申請

2013年07月17日(水) 愛媛新聞
 福岡空港と北九州空港を拠点に2014年3月上旬の就航を目指す地域航空会社リンクは16日、運航計画に松山―福岡、松山―北九州の両路線開設を盛り込んだと発表した。愛媛県交通対策課によると、松山空港への北九州線就航は初めて。
 同社は12日、国土交通省大阪航空局に航空運送事業許可を申請。許可は2~4カ月後を見込み「許可を前提にダイヤは今秋には確定させたい」と話した。
 計画では、松山―福岡線は1日3往復、北九州線は同2往復。松山―福岡線は現在、日本航空グループが1日7往復運航している。リンクは「後発組になるため、競争力ある価格体系にしたい」としたが、具体的な運賃への言及は避けた。
 機材はATR社(フランス)製のプロペラ機(68人乗り)を使用。すでに海外の会社と3機のリース契約を締結した。飛行時間は福岡線が片道50分弱、北九州線が同40分前後

北九州~松山は40分か。運賃が魅力的であれば一度飛んでみたいですね。往復のどちらかはフェリーというのもまた良し。

Rjom_apch

松山空港への進入は、海側(北西)からが基本になっていますが、東側(東京)からの到着に関しては、山側から回り込むRNP-ARアプローチも設定されています。今までの方式だとこういうコースの設定は難しかったので、所要時間短縮、安全性向上に役立ちそうです。
(福岡や北九州からの到着には関係なさそうですが)

最後に個人的苦言を呈すると、「リンク」という会社名はネット検索に向いていなくて困ります。ご存じのようにwebサイトには「リンクを張る」「リンク集」といった言葉が溢れています。ネット上では一般用語なので、「航空会社のリンク」の情報だけフィルタリングしにくい。分かった上でこの社名にしたのでしょうか?

10月に機体のデザインが公開されるので、その際にリンクとは違うブランド名(あるいは社名の変更)も発表されるのではないかと考えています(余計なお世話)

« 新規航空会社「リンク」が福岡・北九州を拠点に松山・宮崎へ就航を発表 | トップページ | 「ななつ星 in 九州」の車両、客車も黒ずくめで九州到着 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターフライヤー、福岡~関西便の就航を発表:

« 新規航空会社「リンク」が福岡・北九州を拠点に松山・宮崎へ就航を発表 | トップページ | 「ななつ星 in 九州」の車両、客車も黒ずくめで九州到着 »

無料ブログはココログ