« 山口線、水害で路盤流出、SLやまぐち号今期絶望か | トップページ | スターフライヤーの福岡~関西便はやはりLCCを意識したものに »

2013年7月29日 (月)

JR山口線長期運転見合わせで、SLやまぐち号も運休決定

1日経って、昨日の豪雨の被害が明らかになってきました。

今日の昼間では運休の見込みについては明確な発表がありませんでしたが、夕方の時点で公式の運行情報に以下の記事が出ました。

【山口線】 大雨 運転見合わせ

大雨の影響により、宮野駅~益田駅間は終日運転を見合わせます。現在のところ、復旧の目処はたっておりません
SL「やまぐち」号(新山口駅~津和野駅間)、スーパーおき号(新山口駅~益田駅間)は当分の間運転を取り止めさせていただきます。

【山陰本線】 大雨 運転見合わせ

大雨の影響により、益田駅~長門市駅間で終日運転を見合わせます。長門市駅~東萩駅間で代行輸送を行っています。
現在のところ、復旧の目処はたっておりません

JR西日本のトップページにも、「復旧には相当の時間を要する」と出ました。SLやまぐち号は全面運休、特急スーパーおきは山口線内運休し、益田以東のみの運転となります。山陰線の長門市~東萩のみバス代行が始まりました。

JR山口線にの被害については、中国新聞の記事に載っていた空撮写真が分かりやすいです。

Nabekura2

真ん中を横に流れるのが氾濫した阿武川、道路右側が山口線で、橋が流されているのが分かります。おそらくは下の地図のあたりで、上の写真の一番上が鍋倉駅だと思います(違っていたらゴメンナサイ)

Nabekura

矢印の方向に俯瞰したものと思われます。

Nabekura3

元々の鍋倉駅の姿(wikipediaとJR西日本のサイトから)

前の記事に載せた動画を改めて見直すと、鍋倉駅に隣接したこの鉄橋だけでなく、長い距離に渡って築堤が流失したところなどもあり、改めて復旧への道のりが遠いことを感じさせます。

比べてはいけないのですが、2010年7月の水害から復旧まで1年2ヶ月かかった美祢線よりは、力を入れて早めに復旧していただきたいと思う次第であります。

« 山口線、水害で路盤流出、SLやまぐち号今期絶望か | トップページ | スターフライヤーの福岡~関西便はやはりLCCを意識したものに »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

兵庫県の明石市に住んでる者です正直言ってショッキングな映像です2008年頃から数えて鍋倉駅からの発車シ-ンをと狙ってこの橋の左側の土手から橋を通過する所を撮影に3回行ってますシングルで引っ張る時はそう人気もなく殺伐とした環境・・・田舎で超牧歌的なのどかそのもの周りに自販機もなく周辺を歩き回った記憶はつい今年のゴ-ルデンウィ-ク5/6でした.田植の時期でこの駅で降りたのは僕一人、上下線の繋ぎもSLの通過時刻を見込んでいると津和野にも行けず結局この駅周辺をうろうろしました、路線は購買も少なく迫力には欠けますが汽笛が山間にこだまする音は長く響いて郷愁をさそうものでありましたあの古めかしいレンガブロックで造った鉄橋を支える何本かの柱(2本だったと思う)・・・もう2度と見れないんだな。昭和の臭いがまた一つ消える。

苅部様 コメントありがとうございます。
復旧なったとしても、昭和の雰囲気は消えてします。おっしゃるとおりだと思います。
鉄路はまた繋がっても、雰囲気は変わってしまうでしょうね(河川の側も改修されるでしょうし)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR山口線長期運転見合わせで、SLやまぐち号も運休決定:

« 山口線、水害で路盤流出、SLやまぐち号今期絶望か | トップページ | スターフライヤーの福岡~関西便はやはりLCCを意識したものに »

無料ブログはココログ