« 国道199号線新砂津大橋の工事現場 | トップページ | ヒョウタンの巻きヒゲは二股だった ~今日の庭6/15~ »

2013年6月11日 (火)

福岡空港にもLCC用ターミナル?

今日の新聞から

福岡空港ターミナル増床へ 国際線、LCC増え手狭に

2013年06月11日 03時00分 更新記者:吉川文敬
 福岡空港のターミナルビルを管理運営する福岡空港ビルディング(福岡市)が、国際線旅客ターミナルビルの北側に新たにターミナル施設を建設することが10日、分かった。韓国の格安航空会社(LCC)など海外の航空会社の乗り入れで発着便が増えているため、施設拡充で利便性の向上を図る。国際線ターミナルの増床は、現在地に移転した1999年以降、初めて。7月に着工、来年4月に運用を始める。(中略)
 同社によると、発着便の増加でボーディングブリッジ(搭乗橋)を利用できない、ターミナル北側の駐機場を利用する航空機が増加。同スペースに駐機した航空機の乗客は、ターミナルから徒歩かバスで移動しなければならず、悪天候時などに不便だった。
 新しいターミナル施設は鉄筋コンクリート平屋で延べ床面積845平方メートル。現在のターミナルビルと渡り廊下でつながり、駐機場の航空機までは最短で歩いて1分程度に短縮できるという。
 施設には250席の椅子を設置し、売店や授乳室なども備える。同社は「アジアを中心に国際線の便数は今後も伸びる。将来は2階部分や搭乗橋を増築し、さらに改善したい」としている。

Rjff2_2

完成予想図(外観と内装)も載っていました。

既存ターミナルと異なり平屋で(赤い矢印部分)、搭乗は待合室から直接徒歩、ということでしょうか。現在はpeach専用となっている関空の第2ターミナルと似た造りになりますね。強いて言えば待合室からエプロンが見えるようなので、その点は関空第2ターミナルより上?(関空第2ターミナルの搭乗待合室についてはこちらを)

LCCが主に使うことになると思いますが、レガシーキャリアの便をアサインすることも造りの上では可能でしょうね。

Img_1408

グアム行きの準備で、家族全員分のパスポートを準備しました。私も新婚旅行の時に作ったものが数年前に切れたままだったので新調です。大人は赤色の10年旅券、子供は紺色の5年旅券。

SFJのグアム行きチャーター、結構いろんな会社が売っていますね。

この間書いたJTB, HISのほかに、近ツリ、日本旅行も出発日全日取り扱い。西鉄旅行と読売旅行は半分ずつ分け合って売るようです。

「頑張って帰ってきてください」と言い残してツアー客の1名を置き去りにしたと話題の阪急交通社は今回のグアムチャーターは売っていないようです。

#6/14追記:スターフライヤーのサイトにグアムチャーターの告知が出ました。ツアーの販売会社は上の6社で間違いないようです(リンクはこちら

« 国道199号線新砂津大橋の工事現場 | トップページ | ヒョウタンの巻きヒゲは二股だった ~今日の庭6/15~ »

航空・鉄道」カテゴリの記事

子どもとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

将来的に増築するときには現在のターミナルと統一性を持たせてほしいですね。
ところでイメージ画像ってどこにありました?
私も探していたんですけど見つからなくて…

コメントありがとうございます。
記事タイトルのところに電子版へのリンクを張っていますので、そちらを参照いただければと思います(全文は会員登録が必要ですが、画像は表示されたと思います)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡空港にもLCC用ターミナル?:

« 国道199号線新砂津大橋の工事現場 | トップページ | ヒョウタンの巻きヒゲは二股だった ~今日の庭6/15~ »

無料ブログはココログ