« 小倉駅北口の新スタジアム建設を市長が表明 | トップページ | ウミガメの交雑が問題とする記事がある一方で、ブラックバスの放流を続ける湖もあり… »

2013年6月28日 (金)

スターフライヤーに10号機(JA20MC)が引き渡し

6月に入ってもなかなか音沙汰がないなぁと思っていましたが、ようやくスターフライヤー(SFJ)の新しいシャークレット装備機材(JA20MC)のデリバリーの話題が出てきました。

flyteamに載ったニュースより

SFJに初のシャークレット装備機 JA20MCがデリバリー

配信日:2013/06/26 22:55
航空機リース会社のAWASは2013年6月26日、SFJにA320シャークレット機を引き渡したと発表しました。SFJでは初のシャークレット装備機材で、10号機の機体記号(レジ)「JA20MC」とみられます。AWASはこれでSFJに3機目のリースとしており、2013年中にさらに1機を引き渡す予定です。
SFJはETOPS装備、貨物コンテナ化などを進め、このJA20MC以降に受領するA320はすべてシャークレット装備を予定しています。

リンク先には、リース会社AWASからの公式リリース(PDF)もリンクされています。

シャークレット付きのイメージ図はこちら。SFJの公式リリース(PDF)から

Ja20mc_2

楽しみですねー。早く見たい。

まだ工場のあるフランス、トゥールーズは出発していないようです。日曜日到着なら…なのですが、週末は残念ながら家族サービスと言う名の予定が…

SFJは10機体制になることで、初めて「予備機」が出来ると言っています。今までは突発的な事態のみならず、予定での整備でも運休が出ていましたから、安定的な運航に寄与するものと期待しています(今はいざとなれば北九州⇔羽田単純往復の運用を間引くのは厭わないという体制が出来ていますが

さて、7月は羽田⇔関西の臨時便の情報が出ています。公式にはこちら(PDF)です。

SFJ63便 羽田12:55発 → 関西14:10着
SFJ64便 関西15:00発 → 羽田16:10着

早速新造機を活用して臨時便を出すのかと思いきや、今の運用の中、SFJ22とSFJ85の間に無駄に空いている時間で関空まで一往復できそうです。しかも、ちゃんとANAとコードシェアしている。どんな枠を使って飛ばすんでしょう… 今後定期化するのかな?改めて運用を見ると、いつでもこの便が飛ばせるように準備してあったようにも見えますし…

ANAといえば、8月22日から広島空港と岩国空港の相互利用が可能になるとアナウンスしています(2つの空港を組み合わせて往復運賃とか、相互に予約変更が可能)。広島市内の利用客に対し、新幹線に対抗しようとすれば当然の作戦と思われます。(公式アナウンスはこちら

Hij_3

同様のことは、北九州・福岡・佐賀の3空港でも既に行われています。

Kkj

図はANAのサイトから引っ張ってきましたが、JALやSFJでも可能です(佐賀には就航していませんが)。予約変更可能な運賃なら、福岡便は終わっちゃったので北九州便で帰ろう、といったことが可能です。

« 小倉駅北口の新スタジアム建設を市長が表明 | トップページ | ウミガメの交雑が問題とする記事がある一方で、ブラックバスの放流を続ける湖もあり… »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターフライヤーに10号機(JA20MC)が引き渡し:

« 小倉駅北口の新スタジアム建設を市長が表明 | トップページ | ウミガメの交雑が問題とする記事がある一方で、ブラックバスの放流を続ける湖もあり… »

無料ブログはココログ