« 昨日のJAL377が欠航しても、JAL378が定刻に出たわけ | トップページ | 可部線が一部復活すると聞いて可部駅の現況を見てきた »

2013年5月21日 (火)

スターフライヤー利用のグアム行きツアーが発売になっています

Img_9150

最初はゴールデンウィークからの運航を計画していたSFJの北九州⇔グアムのチャーター便。以前の記事にも書いたとおり延期となっていましたが、運航計画が記事になりました。

#5/28追記:現時点ではSFJの公式サイトには記載がありません。最終的な認可が降りた時点か、初便が飛ぶ段階で公表するのでしょうか?

#6/14追記:スターフライヤーのサイトで告知されているのを発見しました(リンクはこちら

スターフライヤー:北九州-グアムチャーター便、8月に運航

毎日新聞 2013年05月11日 西部朝刊
 SFJは10日、北九州-グアム線でチャーター便を8月1日から運航することを明らかにした。旅行会社が企画するツアーで、8月だけで13往復を予定している。
 24時間利用できる北九州空港の利点を生かし、午後7時45分に出発し、午前5時半に帰着。飛行時間約3時間半を見込む。米原慎一社長は記者会見で「利用状況が良ければ定期便にしたい」と話した。(後略)

グアム発着が深夜になる便は定期便にもあるので、現地の受け入れ体制は問題ないでしょう(10年以上前に行ったときは関空発の深夜便だった記憶)

ただ、日本側に関しては24時間運用の空港でなくても、同様の便の設定が可能なので(帰りをもう少し遅くする必要があるでしょうが)、北九州空港の利点を生かすという記述は記者の勇み足かもしれません。

Img_0621
Img_0622

実際に売り出されているツアーのパンフ。これはJTBのもの。

ちゃんとSFJのアピールも入っています。

Sfjguam2_2

HISからも販売されており、ネットで金額など調べた後で別のサイトを開いたらこんな広告が…

金額的にはHISのほうが高いように見えましたが、ツアー内容に差があるかもしれませんしその点は何とも…

Img_9193

ツアー内容を見ていると、出発は8/1-8/23の奇数日で12日の設定。最終の帰国が26日早朝ですから、各出発日と、25日北九州発で「お迎え」に行くフライトで計13往復。報道内容とも合います。

Img_8868

グアムまでの飛行にはETOPS認証が必要になるので、機材はここに写っているJA08MCかJA09MCが充当されることになります。6月に導入される予定の10号機(JA20MC; シャークレット付き)はどうなのかな?

Img_0618

収穫したエンドウ(グリーンピース)が豆ご飯になって食卓を飾ってくれました。

非常に甘くて美味しかったです。

最後に…
久しぶりの&子連れでは初の海外旅行に、今回の北九州発ツアーを申し込んでしまいました。私(我が家)は先に希望の便とホテルを押さえましたので、あとは皆様少しでもSFJの売り上げに貢献していただければと

« 昨日のJAL377が欠航しても、JAL378が定刻に出たわけ | トップページ | 可部線が一部復活すると聞いて可部駅の現況を見てきた »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

旅行会社から機内食についての連絡が来たので転載します

機内食の件ですが、行きは、簡単なコールドミール(サンドイッチなど)帰りはお茶菓子になるそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターフライヤー利用のグアム行きツアーが発売になっています:

« 昨日のJAL377が欠航しても、JAL378が定刻に出たわけ | トップページ | 可部線が一部復活すると聞いて可部駅の現況を見てきた »

無料ブログはココログ