« 可部線が一部復活すると聞いて可部駅の現況を見てきた | トップページ | いよいよB787の定期運航再開ですね »

2013年5月27日 (月)

「末期色」の聖地、広島駅にて

JR西日本の広島・岡山エリアで目立つもの。それは真っ黄色に塗られた電車。

一部では(私もですが)「末期色」という呼び方が定着しています。

(末期色についてはこのあたりの解説をどうぞ。また、当ブログでも過去に山口県内の末期色を取り上げておりますのでブログ内検索などでどうぞ)

Img_0634

まずは、朝の広島駅で115系。

Img_0636

呉方面への車内から。広島色の105系と連結しているので… 105系でしょうかね?

Img_0693

午後の横川駅に末期色。

Img_0696

帰る前、駅ビルでお好み焼きを食べて腹ごしらえ。

Img_0698

外人さんが焼けるところを興味津々でガン見しておりました。

Img_0699

腹ごしらえした後で改札を入ると末期色の並び。

Img_0702

と思うと赤い電車がやってきてビックリ
「カープ電車2013」と呼ばれているらしいです。

この日はマツダスタジアムでカープが勝った直後で、カープファンが続々と乗車していきました。ファンにとっては帰り道も良い気分ですね。

Img_0705

カープ電車と末期色と、奥には広島色。

Img_0706

カープ電車が出たらまた末期色。

しばらく定点観測してしまいました

Img_0703Img_0658

しかし、JRもこういった特別塗装をするのなら、せめて末期色はやめてラインを入れるとかデザインを考えて欲しいものです…

Img_0714

オマケ:今回のお土産

左から、カープ坊やのふりかけ、カープソース(オタフクソースほど他の地域では見ない)、オタフクブランドのお好み焼き用マヨネーズ(先が細くてお絵かきが出来ます)

Kimg0826

「選手カード入り」に釣られて息子が早速開けたら、中から出てきたのは「スラィリー」だったのでした

しかし、カープ「坊や」というわりには髪の毛が緑色やな。子供達には「このままご飯投げそう」とかウケてました。

« 可部線が一部復活すると聞いて可部駅の現況を見てきた | トップページ | いよいよB787の定期運航再開ですね »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「末期色」の聖地、広島駅にて:

« 可部線が一部復活すると聞いて可部駅の現況を見てきた | トップページ | いよいよB787の定期運航再開ですね »

無料ブログはココログ