« B787運航再開へ向けての動きが進んでいます | トップページ | キセルガイと思っていたのが外来種のオオクビキレガイだったとは… »

2013年5月18日 (土)

ナメクジにインゲンの発芽を狙われた ~今日の庭5/18~

Img_1350

5月半ばになり、アジサイの花芽が大きくなってきました。去年より一回り大きな株になったので、花の数も増えるかな

Img_1341

食べるほどの大きさに育たなかったニンジンを一株放置しておいたら、次第にトウが立ちついにこんな高さに。現時点ではエンドウには負けますが、キュウリやトマトよりは圧倒的にノッポさん。

Img_1340

先端はこんなふうになっています。

花が咲くまでは放任予定。

Img_1331

残念ながらトラブルもあります。

これはインゲンですが、芽生えるかと思ったものの、上の写真の赤線から上くらいが地面から出た状態で止まってしまいました。

Img_1332

抜いてみると、茎に妙な穴を発見。

Img_1333

先のほうは、子葉が開き本葉が伸び始めています。

おそらく、芽生えの途中で茎に穴が開いたため、まっすぐ伸びられなくなり、先が地面に潜ったままになったのだと思います。おそらく犯人はナメクジかキセルガイ。断定的なのは、芽生えたばかりのインゲンにくっついているのを夜中に見てしまったから。
(キセルガイと聞いてピンと来ない方はこちらを。ウチの周辺にはけっこう出没します)

以下、他の被害例。

Img_1335

子葉の片側と、残りも一部を食べられてしまい、本葉の伸びが悪いもの(初期に成長するための養分は子葉に蓄えられています。ナメクジが狙うのも分かります)

Img_1336

子葉は大丈夫で伸びは悪くないけど、本葉になる芽の部分を一部かじられたのか、本葉が大きく欠けているもの。

実際に食べられた量としてはちょっととしても、芽生えをやられると被害甚大ですね。

Img_1349

他には、今年も生えてきましたヤブガラシ。

定番は、このように防草シートと塀のすき間から伸びてくるもの。

Img_1337

畑を耕すと、深いところにあった地下茎が浅いところに出てくるのか、新たに芽吹いてきたりします。 上には数cmしか出ていないのに、地下にはこんなに長いものが繋がっています。

「ヤブを枯らす」と言われるくらいに成長力が強い厄介者ですが、丁寧に抜いていって最初の年に比べればかなり減りました。それでもまだ生えてくる。今年もパトロールが欠かせません。

« B787運航再開へ向けての動きが進んでいます | トップページ | キセルガイと思っていたのが外来種のオオクビキレガイだったとは… »

家(DIY・ガーデニング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナメクジにインゲンの発芽を狙われた ~今日の庭5/18~:

« B787運航再開へ向けての動きが進んでいます | トップページ | キセルガイと思っていたのが外来種のオオクビキレガイだったとは… »

無料ブログはココログ