« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の10件の記事

2013年3月31日 (日)

ダイヤ改正前夜のスターフライヤーの動き

本日から航空業界は「夏スケジュール(夏ダイヤ)」。

夏と冬で偏西風(ジェット気流)の強さが異なるので、特に長距離国際便は所要時間が大きく変わってきます。そのためにダイヤ調整が必要になりますが、所要時間調整だけでなく、混雑空港のスロット調整も合わせて行われるので、IATAが世界的に移行時期を決めています。欧州で夏時間が施行される「3月最終日曜日~10月最終日曜日直前の土曜日」が夏スケジュール期間。このタイミングで多くの航空会社がダイヤ調整や路線の改廃を行います。

スターフライヤー(SFJ)は、羽田~福岡便が5往復から10往復に増え、羽田~関空便も4→5往復になります。運用上は、夜間の羽田ステイが1→2機に増え、前回ダイヤ改正でなくなっていた関空ステイが復活します。昨日から今朝にかけてそれに伴うフェリーフライトがありました。

9202

まずは昨日の昼過ぎ、JA05MCが北九州空港を発って関空へ。今朝のSFJ20便に充当されました。

この日はダイヤ改正前の機材の余裕を利用した山口宇部~ソウルのチャーターフライト(復路)があり、JA01MCが北九州→ソウル(仁川)→山口宇部と飛びました。

9203

明日に備えて山口宇部から羽田へフェリーか?と思いきや、律儀に?一度北九州空港へ。28日の往路のときに続き、高度2000ftまでも上がらないような短距離のフェリーを行いました。どういうクリアランスをとるんでしょうね?見られ(聞け)なかったのが残念です。

JA01MCは本日早朝羽田へフェリーされ、今朝からの運用についています。

Img_8702

JA09MCは、昨日から北九州~羽田完結の運用に入り、今日も同じ運用についているようです。今後各地へ飛んでいくでしょう。

閑話休題:

小倉を流れる紫川の河口付近の浚渫(掘り下げ)が行われています。

Img_1223 Img_1226

上の写真では台船に重機を載せて掘っていますが、下の写真ではオペレーターまで水に浸かりながらの作業中。こういう水中作業用の重機を見る機会がなかったので面白く、しばらく眺めていました。イメージとしては、馬にまたがったまま水中に入った感じですね

紫川はここ5年の間で2回も出水があったので、対策を急いでいるのでしょう。上流でも堤防の整備や中洲の草木の撤去が行われています。

Img_1248

昨日の帰り道。TOTO工場横の桜のトンネル。

こういう時期は「渋滞もまたヨシ」です

2013年3月28日 (木)

紫川東岸の紫川大橋~勝山橋が4車線化

チト寒い中、満開の小倉城の夜桜を見物してきました。

Img_0385
Img_0377

今週(だと思います)、JRの橋梁架け替えとセットで工事の続いていた紫川東岸の道路(紫川大橋~勝山橋)がようやく4車線通行できるようになりました。

Kimg0760

JRの北側から南側を望む。高架は新幹線。

Kimg0761

JRをアンダーパスして室町大橋の手前。最終的には直進2車線+右折レーンになりそうです。北行きは舗装工事進行中。

Kimg0762

振り返って、仮舗装の北行き車線。川沿いの歩道も整備中です。

ここが広くなって何が変わるの?という程度の短い区間ではあるのですが、時間帯によっては結構渋滞して、勝山橋東詰交差点が通り抜けにくい原因になっています。工事完了後の変化をみてみましょう。

Img_1205
Img_1199

上の写真の後の帰り道。競馬場近くの「桜のトンネル」で少し撮影。

2つ前の記事のときと比べると、満開なのがよく分かります。

2013年3月24日 (日)

SFJの9号機、JA09MCデリバリー

スターフライヤー(SFJ)の9号機にあたるJA09MCが本日北九州空港に到着しました。

flightradar24で検索をかけると、A320の工場のあるハンブルグを発ったのが日本時間の昨日早朝。今日中に着けば撮影に行けるが… と思ってチェックしていると、昼過ぎに経由地のバンコクを出発したのを確認できました。雲が濃くなって来ましたが出撃

いつもの滑走路南端から。

Img_8690

手前から、今日はお休みのJA08MC、釜山便、済州島チャーター便に就いているJA05MC、東京便の出発準備をしているJALのB737(JA323J)とJA02MC

Img_8695_2Img_8700Img_8701_3Img_8704_3

16時20分頃無事着陸しました。

デリバリーフライトを撮影できた喜びはありますが、曇り気味で新品のピカピカ具合がわかりにくいのが残念。JA08MCと違って金帯無し、Heart of KitakyushuでなくてCity of ~ですんで、嫁さんの言う「同じ黒い奴でしょ」に反論できません

Img_8711Img_8719

0番スポットに収まりました。

これで全9機、31日からの新ダイヤに必要な機材が揃いました。

Img_8688

以下余談

Img_8753Img_8754

滑走路南端付近で、誘導路に接して囲いができ、工事が始まっています。現場看板によるとスターフライヤーが発注、新日鉄住金エンジニアリングが受注していますので、発表のあった格納庫の建設と思われます。

この工事おかげで、お立ち台になっていた土手が削られています。誘導路近くで撮影できるこの場所は残して欲しいですね。格納庫の内部がヒョイと覗けるとなお良し

ついでに撮ったヒコーキ

Img_8740

比較にと思って古株のJA02MC

Img_8773

JALの出発機にヘリの到着が絡んだ

Img_8779

B737-800の尻

2013年3月23日 (土)

ICOCAで西鉄バスに乗れる日が来た… のに北九州モノレールにはICカード導入予定なし

Img_8654

小倉城では桜が満開と報じられていますが、最寄りの紫川沿いの桜並木は本日この程度。数日後が見頃か?

ニュースで大きく報じられているので今更詳しく書きませんが、本日から交通系ICカードの相互利用が大きく広がりました。一部例外はありますが、大多数のカード・路線で共通利用可能になったと言っていいでしょう。

Kimg0748

上のポスターは、私が死蔵しているnimocaを「小児用」に書き替えてもらうために出かけた西鉄バス営業所で見かけました。(娘がバスで出かけることが増えるのです)

娘に名前の入ったnimocaを渡したところ、相互利用拡大のニュースを見て、「これ東京でも使えるの?」と興奮気味。当面行く予定はありませんが

妻はICOCAを持っていますが、関西に帰省するとき以外眠っています。今後は「西鉄バスでも使えるよ」と利用を促すことが出来ます。電子マネーとしても当地で使いやすくなりますね。

私の場合、普段はSuicaを財布に入れていますが、出張先が関西だとICOCAに変えるという手間が不要になります。

Kimg0749

同じ営業所にこんなポスターも。バスかモノレールの定期券を持っていると、イオン徳力店の駐車場の定期券が割安で手に入るということらしい(台数限定)

以前からモノレール企救丘駅で「パーク&モノライド」をやっていますが、今度のはスーパーの駐車場を使う点が新しいですね。イオンの駐車場をコインパーキング化したのには、こういう流れもあったのか…

Img_8651

交通系ICカードが便利になると、北九州モノレールでICカードが使えないのがますますもどかしい。独自カードの実験をしていた時期もありますが、その後導入に向けた具体的な動きは聞こえてきません。

Felicaを使ったシステムは導入コストがかさむというのが独自カードを目指す理由とされていますが、独自ブランドにこだわらず、SUGOCAかnimocaの軍門に下ればいいじゃないですか。乗客の動きを見ていると、バスやJRへの乗り換えも多いですし、競合させれば導入コストも下がる… ってことはないですかねぇ

Genbaphoto

Genba昨年の大雨で大きな被害を受けた豊肥本線の復旧作業が報じられました。

写真の上半分は坂の上トンネルから濁流で押し出されてグニャグニャになったレールの写真(今はレールは撤去済み)。下半分は、右の図で「宙に浮いたレール」と書かれている場所。今も浮いているレールは、路盤の工事が進んでからの撤去になるそうです。

新年度目前での報道は、今年8月には復旧すること、そして「ななつ星in九州」が予定通り10月15日に運行開始できることのPRでもあるのでしょうね。

2013年3月20日 (水)

B787にも「サクラサク」のか?

当地のサクラの開花が進んできました。

Img_8630

バッテリートラブルで運航停止が続いているB787ですが、最近運航再開に向けた動きが報じられるようになりました。見出しから。

  • 米FAAがB787型機の認証計画を承認、限定的な試験飛行も許可

3/12にこの報道が流れてから、FAA承認や運行再開への見通しが報じられるようになりました。

  • B787「数週間で改修可能」
  • B787、試験飛行は1~2週間 幹部が見解

いずれもボーイングの会見や、幹部の話として報じられています。見出しだけ見るとすぐに運行再開出来そうに見えますが、本文を見ると「最短で」このくらいと「期待される」という程度。まぁそんな容易なものではないでしょう。

  • 数カ月内にB787再開も 全日空の篠辺次期社長
  • 全日空が損害賠償請求へ B787運航停止で米ボーイング社に

なので、ANAの見解としてはこの程度の期間の見通しに。

損害賠償請求は当然でしょうが、開発パートナーとしての立場もあるので最終的に争いに持ち込むのか?今後のボーイングとの取引条件が有利になるなど形で「手打ち」になるのか?

  • B787、待機パイロット視界不良 操縦資格に「縛り」

前にも書きましたが、個人的にはB787の資格を持ったパイロットたちの立場が気になります。

Img_8619

庭のカリンのつぼみが膨らんできました。

Img_8624_2

暖かくなり、スティックセニョールの花芽の伸びる勢いが止まりません。もう細いのしか伸びてきませんが、まだまだいただけます。

Img_8626_2

「次」を植えました。

Img_8627_2こちらも暖かくなって本気を出し始めたエンドウ。

ネットに沿ってツルを伸ばし始めました。

2013年3月17日 (日)

スターフライヤーで「空の結婚式」、日本初の企画だそうです

早い桜の便りが聞かれる中、息子の幼稚園の卒園式がありました。

Img_8364

幼稚園の桜は残念ながら開花には至っておりませんでしたが。

そんな中、スターフライヤー(SFJ)がこんな企画をやってくれました。

機内結婚式 SFJがプレゼント

 SFJは16日、本社を置く北九州空港の開港7周年を記念して同空港発着のチャーター機内で「空の結婚式」を開いた。地域貢献の一環として企画。参加した地元のカップル1組は、縁結びで知られる出雲大社(島根県出雲市)上空で愛を誓い合った。(中略)
 この日は、2人と親族ら計約70人を乗せたエアバスA320型機(定員150人)が正午ごろ同空港を出発。高度約1万メートルで飛行が安定すると2人は客席の最前列前に立って指輪を交換、出雲大社上空で客室乗務員が結婚の成立を宣言した。飛行時間は約1時間。ジェット機内での結婚式は国内初という。(中略)
 今回の費用約100万円はSFJ側が負担。米原慎一社長は「今後、希望があれば有料での受け付けも検討したい」と話していた。
(2013年3月17日  読売新聞)

youtubeに動画がアップされていました。

SFJとコラボした、マリコレウェディングリゾート&レストランのfacebookページには、当日の空港での様子だけでなく搭乗券なども紹介されています。(直リンはこちら、要facebookアカウント)

SFJ9302という便名が分かったので、flightradar24で検索して、お二人の「愛の軌跡」を調べてみました

Sfj9302

確かに、出雲まで行って帰って1時間程度のフライトであったようです。今は機材に余裕があることもあって実現したのでしょうが、釜山便に充当される機材を昼間こういうチャーターフライトに活用する、といった方法をこれからもしてほしいものです。

そういえば、9機目にあたるJA09MCは完成してテスト飛行中の様子。月末のダイヤ改正に間にあうように、もうすぐデリバリーのはずです。

Img_8552さて、こんなことのあった翌日。今度は息子が平尾台クロスカントリーに出場するというので応援に行ってきました。

クロスカントリーといっても、息子の出場する園児クラスは、平尾台自然の郷の中を走るだけですが…

Img_8564

山焼きが終わったばかりの平尾台を背景に。

Img_8574

北橋北九州市長と、ロンドン五輪に出場したマラソンの中本選手(安川電機)もゲストに。毎年行われているクロスカントリーですが、今年は市制50周年企画に組み込まれているようで、韓国からランナーを招くなどやや豪華に行われたようです。

Guest1

小倉南署のマスコット「こみなみちゃん」と、西日本新聞北九州本社のマスコット「歩く新聞くん」も登場。どっちもめっちゃローカル…

息子は相変わらず着ぐるみ全般が苦手で、どちらにも近寄ろうとしませんでした

2013年3月11日 (月)

小倉駅北側に新マンション完成

小倉駅カテゴリに最近書くことなかったので、新しいマンションが完成した報告など。
(今回の写真は全て車内からスマホで撮影)

Kimg0732_2小倉記念病院西隣に建築中であったマンション。年度末に合わせてかようやく完成したようです。

既に入居可能なのか否かは分かりませんが、玄関ロビーに胡蝶蘭などが飾ってあるので、建物としては竣工しているものと思われます。

1階はテナントに貸すものと思われますが、この立地であえて出店する人(会社)がどれだけあるかなぁ…

マンションがかなり埋まれば、入居者を意識したサービスでやっていけるかもしれませんが、もしかしたら隣の病院狙いの店舗が入るかもしれませんね。

#3/15追記:
チラホラとカーテンや洗濯物がある部屋がありますので、入居OKのようです。下のテナントはまだ空いています(笑)

Kimg0733

少し南西に移動して、紫川沿いの道路の拡幅工事。

Kimg0730

いよいよ完成間近になってきました。

Kimg0729

JRのアンダーパス部分の構造は完成して、仕上げの舗装があと少しです。

最後に、この道をズーッと南に行ったところの話題。
(小倉駅とはかなり離れます)

Kimg0728

Kimg0727小倉競馬場の北側。

手前側が一方通行×2の区間。奥が(狭いですが)通常の2車線道路。今止まっている位置から北へ向かおうとすると、くびれのため対向車に非常に気を使う必要があったのです。

川のほうへ交差点部分の道路を拡げてくれるので、かなり通りやすくなると思います。

前後に狭い区間を残しており、ここが通りやすくなることでこの道の通行量が増えて良いのか?という問題もあります。道路改良も痛し痒しです。

2013年3月10日 (日)

コラージュ作成アプリとEOS Mの雑感を

最近よく見ませんか?こういうやつ
スマホでとった写真をアプリでコラージュ+デコレーションしたもの
(載せたものは拾いモノですが、反転+モザイク加工済みです)

Deco1

楽しい雰囲気が伝わってくるし、何枚も写真を送るのに比べれば楽です。スマホやSNSにマッチしているのは分かる気がします。

しかし、残念なのは加工後の画像のサイズやクオリティ。最初の画像は、スマホの画面サイズを意識してか、横幅が400ピクセルくらいになっていました。

このサイズにたくさんの写真を詰め込み、更に目立つ枠までありますから、「何が(誰が)写っているのかな?」と拡大しても細かいところは分かりようがありません。

Deco2_2

こちらは横幅が800ピクセルくらいにしてあったので、1枚の画像としてはまだ細かいところが「見れる」ものになっています。

不思議なのは、facebookの「アルバム」に何パターンかのコラージュがアップされていたところ。せっかくアルバム機能を使うのなら、精細な写真をそのままアップしませんか?

無粋なことを書いているのは分かっています。写真の楽しみ方としては間違っていませんし、上手に使えば1枚の写真を渡すより効果的です。

それでも一言だけ。

コラージュするときは作成後の大きさや詰め込む枚数を意識しないと、元の画像の情報量が大きく失われてしまいます。それでもコラージュ作品の雰囲気が大好きという方はどうぞ使って下さい。

私は(いまのところは)「1枚の写真」をどう撮るかにこだわりたいです。

Eosm1

先日買ったEOS M。女子向けの赤色。

私が主に使っている60Dと比べると親子くらいの大きさです。

Eosm2

EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STMを付けたところ。コンパクトなのもさることながら、外装が金属で、ズームリング・フォーカスリングの部分が刻み加工してあるのがにくいです(多くのレンズは凹凸付きのゴムになっています)。

手ぶれ補正(IS)のon/off、AF/MFの切り替えスイッチはありません。IS解除は主に使う層を考えれば不要か。キットレンズのくせに「フルタイムマニュアルフォーカス」が使えるので、AF/MFの切り替えも不要なのかな?

しかし、フルタイムマニュアルを試したところ、かなり勝手が違いました。

右手でシャッターボタン半押しという微妙な力の入れ具合のままカメラをホールドしつつ、眼は液晶画面を確認し、さらに左手をボディから離してフォーカスリングを回すというのは至難の業と感じました。ファインダーを覗くスタイルより支点が減るのが原因でしょう。親指のかかる位置にAF-ONボタンがあれば、人差し指半押しを続けるよりはホールドしやすいのですが…

MFは三脚に固定した状態で使うものと考えたほうが良さそうです。

Eosm3

ダブルレンズキットに同梱のEF-M 22mm F2 STMを装着したところ。いわゆるパンケーキレンズ。

まだ作例はありませんが、F2と明るいのと、最短撮影距離が15cm(ワーキングディスタンス10cmくらいか)なので寄って撮ると面白そうです。

Eosm4

レンズを外したところ。

ミラーレスにするとこんなに奥行きが短縮出来るのかという感動もありますが、目の前にあるのがミラーじゃなくて撮像素子というのが正直怖いです。子供が触ってアウトとか勘弁して欲しいな

電子接点はEFレンズ装着を想定してますから同じですね。

Eosm5

ダブルレンズキットにはマウントアダプターEF-EOS Mもついてきます。三脚座が付いているのが特徴。

マウントアダプターが三脚座付きなのは「重いLレンズを着けても大丈夫なように」という記事がありました。たしかに、わざわざEFレンズ持ってこようという人はそれなりのレンズを着けますよね。EF-Mレンズ以外を着けたときは、本体の三脚座やマウントでは強度的に問題ありという解釈も出来ますが…

Eosm6

というわけで、デカイのを装着してみました。

もちろんちゃんとAF動作して撮れますが、このサイズを持って、液晶画面見ながら撮るのは厳しいです。手を伸ばした状態でホールドするのは不安で不安で…

手ぶれはISがカバーしてくれるから大丈夫ですって?

2013年3月 9日 (土)

今日の庭3/9 ~EOS Mで撮ってみた感想~

暖かいが、黄砂やら花粉やらPM2.5やらが気になる週末になりました。

ウグイスの初鳴きが聞こえ、我が家の庭でも春らしい変化が増えてきました。先日買ったEOS Mの練習を兼ねて、庭のものを色々と撮ってみました。その感想も含めて
(この記事の写真は全てEOS M + EF-M 18-55mmで撮影、トリミングせずリサイズのみ)

Img_0194

トサミズキの花が開き始めました。

特定の場所(この写真だと右上の花房)にピントを合わせようとするとき、先に構図を決めておいて、ピントを合わせたい場所をタッチして選択、というスマホ的な撮り方が出来るのがEOS Mの特徴。タッチと共にシャッターまで切れるかどうかはメニューで選択可能。

ピントの合うところをカメラ任せにすることや、顔認識優先にすることもできます。

Img_0195

珍しく下向きじゃないクリスマスローズがありました。

Img_0199

チューリップが伸びてきています。葉っぱの間に水が溜まっているのを撮ったのですが、特別雰囲気のある写真とは言えませんね。

Img_0201

先日も載せたカリンの新芽。だいぶ伸びてます。

ちっちゃいものばかり撮っているからでしょうが、EF-M 18-55mmを使っていると、「もう少し寄れないかな」と思います。EF-Mマウントのマクロレンズが出たら買ってしまいそうです。

「ピント合わせが遅い」という指摘があるEOS M。それで困る回数は多くはありませんが、今回気づいたのは、風で少しユラユラするときなどに迷いが出やすい。AFセンサーが一眼レフとは違うので仕方ないですが、近寄りすぎてダメなのか、被写体が動くからダメなのかがわかりにくいのが残念です。

Img_0202

玄関先からお引っ越しした、我が一家に似たタヌキの置物。

Img_0203

シクラメンはまだまだ花盛り。

Img_0204

ヒヨドリにやられまくっている茎ブロッコリー(スティックセニョール)。暖かくなって、脇芽の伸びるペースが速くなりました(そういえば暖かいとヒヨドリも来ないな)。細い脇芽ばかりになりましたが、本数は稼げるのでまだまだ食卓を飾っていただきます。

Img_0209

これまたずいぶん伸びたアジサイの新芽。たくさん咲いてくれたらまた撮ります。

Img_0213最後、これだけトリミングした写真ですが、庭先で拾ったモノ。

1cmほどの種に、白髪にも立派なヒゲにも見えるようなフサフサの綿毛がついておりました。何の種でしょうかね?

画面タッチでピント合わせられることを書きましたが、メニュー操作も画面タッチですることが多くなっています。ボタンを減らすことで小型化、液晶の大型化に役立っているようです。そのあたりの使い勝手の感想を。

  • マニュアル見ずに触ったとき、モードダイヤルがフルオート、そうじゃないモード、動画モードの3つしかなくて困った。TvとかAvに変えるには、「フルオートじゃない」モードで画面タッチしてモード変更をする必要あり。
  • 同じくマニュアル見ずに触って、画像閲覧したとき。拡大はスマホ式で「ピンチアウト」だと気づくのに時間がかかった。拡大縮小ボタンを相当探しました。
  • どうしても本体を持って移動しているときとかに液晶に触れるんでしょうね。焦ったのは、ピントを確認しやすくするために、拡大表示になったとき。とっさに元に戻せませんでした。このボタンが右下の隅なので、グリップ持ってて少し傾いた時に触れるんだろうなぁ

2013年3月 6日 (水)

東京雑感(スカイツリー~浅草~羽田)

結婚式に呼ばれて、家族で東京へ行くことになりました。

Img_7574

スターフライヤーに乗って東京へ向かったのは、「春一番」が吹いた日。

北九州は寒冷前線が通過して既に北よりの風、東京はまだ強い南風。やっぱり揺れました

「この雲を越えたらベルトサイン消してサービスします」と機長からアナウンスがあるも、結局揺れが続いてドリンクもキャンディもサービスされず。久々に辛いフライトでした。

Img_8180

無事結婚式が終わり、翌日は少し東京観光。
まずはスカイツリー

Img_8123

スカイツリーは事前に日時指定券が確保できたので、スムーズに入場。予約無しだと、着いたときで1時間待ち、降りてきたら、4時間後の整理券を配っていました。予約無しだと大変ですな。

Img_8215
Img_8207

歩いて隅田川を渡り、浅草へ。定番の浅草寺。

Img_8214

「仲見世」でお土産を求めましたが、あれ?このなめこグッズ、「地域限定」のはずが「限定解除」されすぎです。いいのかこれで?

帰路は浅草から羽田へ。都営浅草線~京急だと乗り換え無しでいけますが、モノレールを所望する声があったので、銀座線~山手線~東京モノレールのコースへ。

Img_8220

乗り換え途中で撮影。今回の東京行きには間に合いませんでしたが、東京と大阪でICカードを使い分ける必要がなくなるのは便利です。「ようやく」というところでもありますが。

Img_8227

モノレールの車窓から。子供達、最初は喜んでいましたが、気がついたら寝てました…

Img_8247

羽田にて。先に第2ターミナルに寄ったら、スカイツリーで串刺しのB737が撮れました

Img_8239
Img_8254

あ、B787がオープンスポットにいる、と思ったら、奥の方にズラッと並べられていました。次に飛び立てるのはいつの日になるのか…

Img_8271
Img_8309

帰りもスターフライヤーで。

行きに比べれば天国のような落ち着いたフライト。夕暮れ時に西に向かったので、いつまでも残照が続きます。大阪の夜景と、まだ少し明かりをうけた翼、という写真が撮れました。(アンチコリジョンランプの明かりも借りてますが)

Img_8338

飛行機の模型を見せたらポ〇モンジェットを選ぶとばかり思ったら、渋くDash8を選んだ息子。どうも、プロペラが好きらしい?

そういえば、第2ターミナル1階のANA FESTAから、B787関連のグッズが撤去されてました。致し方ないのかなぁ…

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

無料ブログはココログ